ホーム > 暮らし・環境 > 県税・証紙 > 県税のあらまし > 県税について > 自動車税について

ここから本文です。

更新日:2019年4月26日

自動車税について

 自動車税とは 

自動車(軽自動車などを除く。)の所有に対して課税される財産税の一種ですが、道路を使用することに対してその整備費などを負担していただく性格も持っています。

 納める人 

4月1日現在の自動車の所有者です。ただし、割賦販売契約により購入した場合等で、売主が所有権を留保しているときは、買主である使用者となります。
軽自動車などは市町村税となります。

 納める額 

男女と自動車のイラスト

自動車の種類や排気量などによって決まっています。例えば、自家用乗用車の主なものは次のとおりです。

総排気量1,000cc以下

29,500円

総排気量1,000ccを超え1,500cc以下

34,500円

総排気量1,500ccを超え2,000cc以下

39,500円

総排気量2,000ccを超え2,500cc以下

45,000円

総排気量2,500ccを超え3,000cc以下

51,000円

総排気量3,000ccを超え3,500cc以下

58,000円

総排気量3,500ccを超え4,000cc以下

66,500円

  (詳しい税率表)(PDF:111KB)

 グリーン化税制 

排出ガス性能及び燃費性能の優れた環境負荷の小さい自動車は、性能等に応じ、新車登録をした翌年度に限り税額が減額されます。
新車新規登録(車検証の初度登録年月)から一定年数を経過した自動車は、税額が増額されます。
 グリーン化税制の詳しい内容

 グリーン化税制見直しのお知らせ(PDF:258KB)

 積雪による自動車税特例適用地域

  「積雪による自動車税特例適用地域」の詳しい内容

 事務室・放送宣伝車に係る自動車税

「事務室・放送宣伝車に係る自動車税」の詳しい内容

こんなとき自動車税は月割りに

年度の途中で自動車を新規登録したとき

次の計算式で算出した額を登録の際に納めていただきます。
年税額×登録の翌月から3月までの月数÷12=税額(100円未満切り捨て)

(例)排気量2,000ccの自家用乗用車を5月に新規登録した場合
 39,500円×10ヵ月÷12ヵ月=32,900円

  ・イメージ図(PDF:53KB)

 

年度の途中で抹消登録したとき

次の計算式で算出した額を課税し、減額分は還付します。
1 課税額の計算:年税額×4月から抹消登録をした月までの月数÷12=課税額(100円未満切り捨て)

2 還付額の計算:年税額-課税額=還付額

 (例)排気量2,000ccの自家用専用車を10月に抹消登録した場合

 1 課税額の計算:39,500円×7÷12=23,000円

 2 還付額の計算:39,500円-23,000円=16,500円 
 

  ・イメージ図(PDF:53KB)

 


 

年度の途中で名義変更をしたとき

  その年度分は4月1日現在の所有者に全額課税(還付は発生しません)します。新所有者は翌年度分から課税になります。

 納税証明書(継続検査(車検)・構造等変更検査用)

 ・イメージ図(PDF:53KB) 

 

還付金の受け取りについて

抹消登録し、還付金が発生する場合、抹消登録の日からおおむね40日後に還付通知書をお送りします。お手元に還付通知書が届かない場合はお問い合わせください。

納税証明書(継続検査(車検)・構造等変更検査用)

自動車の継続検査(車検)又は構造等変更検査を受けるときには、自動車税納税証明書が必要です。
この納税証明書は納税通知書の領収書の横についていますので、納付が済みましたら自動車検査証(車検証)と一緒に大切に保管してください。
納税証明書を紛失してしまったときは、身分証明書と認め印をお持ちの上、お近くの県税事務所、自動車税分室(松本・長野)で交付申請してください。
 →自動車税納税証明書交付申請書様式(継続検査(車検)・構造等変更検査用)

 平成27年12月から車検時における納税証明書の提示が省略できるようになりました

平成27年12月1日から長野県と国土交通省(運輸支局等)との間で、自動車税の納付確認を電子的に行う仕組み(自動車税納付確認システム)が構築されました。
これにより、自動車の車検を受ける際に、納税証明書の提示を省略できるようになりました。(※例外あり

障がい者の方のための減免制度

身体障がい者手帳、戦傷病者手帳、療育手帳、精神障がい者保健福祉手帳を有し、一定の要件を満たした方が、定められた期限までに申請することにより、自動車税及び自動車取得税の減免が受けられます。
詳しい内容

こんなときには運輸支局で必要な手続きを!

車を売ったり、買ったりしたとき・・・必ず名義変更の手続きをしましょう。
車が古くなったりして、使わないとき・・・早めに抹消の手続きをしましょう。
これらの手続きをしないと引き続き課税されます。

住所や姓が変わったとき・・・すぐに住所等の変更の手続きをしましょう。
この手続きをしないと、納税通知書などが届かない原因になります。

☆登録手続きについては、国土交通省運輸支局へお問い合わせください。
 国土交通省運輸支局のホームページ(外部サイト)
・北陸信越運輸局長野運輸支局登録部門(長野ナンバー)
 TEL(050)5540-2042
・長野運輸支局松本自動車検査登録事務所登録部門(松本・諏訪ナンバー)
 TEL(050)5540-2043

 自動車税の納税通知書の送付先の変更について

運輸支局での住所変更手続きが遅れる場合は、ながの電子申請サービス等による方法で翌年度の納税通知書の送付先を変更することができます。詳しくは以下のページをご覧ください。

自動車税納税通知書の送付先変更の手続きについて

 

 平成31年(令和元年)10月1日から自動車税が変わります 

名称が「自動車税」から「自動車税種別割」に変わるとともに、新車新規登録された自家用乗用車の税率が引き下げられます。【税制改正リーフレット(総務省・地方税共同機構)】(PDF:1,016KB)

※新たな税率が適用されるのは、平成31年(令和元年)10月以降に新車新規登録された自家用乗用車です。現在所有している自動車の税率は変わりませんのでご注意ください。

 Q&A

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

総務部税務課

電話番号:026-235-7051

ファックス:026-235-7081

※個別の自動車の自動車税に関するお問い合わせの際には、登録番号のほか車台番号の下3ケタについてもお知らせください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

  • さわやか信州旅ネット(観光機構)
  • しあわせ信州(信州ブランド推進室)