ホーム > 教育委員会の組織 > 心の支援課 > 生徒指導 > 指導資料一覧 > 指導資料No.63 性非行・性被害を防ぐために~テレクラ・ツーショット対策~

ここから本文です。

更新日:2017年4月1日

指導資料No.63 性非行・性被害を防ぐために~テレクラ・ツーショット対策~

 最近、性に関するゆがんだ情報や営業がはんらんしており、成長過程にある子どもたちへの影響が心配されます。
 「知らないのは親や教師ばかり」と言われるほど子どもたちのテレクラ・ツーショット等への関心が高まっています。
 有害環境の現実を認識し、家庭や地域と協力しながら、性非行や性被害から子どもたちを守っていきたいものです

目次

  1. 最近の問題行動の一つの特徴
  2. テレクラ・ツーショットの実態
  3. 何が問題なのか
  4. 防止等の対策
  5. 指導事例
    中学校「テレクラがきっかけの家出さわぎ」
    高等学校「テレクラから立ち直ったF子」

平成8年12月5日 長野県教育委員会

 1.最近の問題行動の一つの特徴

 児童生徒が、授業内容が分からなかったり、学習習慣が身につかなかったりすると、学校不適応を起こしやすくなることは、誰もが認識していることである。こうした児童生徒は、学校生活がおもしろくないことから、学校から逃避し、享楽的な生活態度に陥りやすくなる。グループができ、遊びや非行に走り、欲求不満を解消しようとするケースが多く見られる。
 さらに、子どもを取り巻く社会環境も、テレクラ営業等の増加、性や暴力を扱ったマンガやパソコンソフトのはんらん、コンピュータネットワークによるわいせつ画像の配信など、有害性の強いものがはんらんしている。
 こうした背景の中で、最近の問題行動には、スリルや享楽を求めての「おもしろ感覚」で発生したと思われるものが目立っており、中でも、「テレクラ・ツーショットあそび」といった、性に関する問題行動等が増加している。
 警察庁少年課調べによると、平成8年1月から5月までに、性の逸脱行為により全国で補導された少年女子は、1,713人に上っており、うち中学生は444人(前年同期比8.9%減)とわずかに減少したものの、高校生は564人(前年比18.0%増)と増加している。
 県内においては、平成8年1月から8月までに補導された少年女子は43人、テレクラがらみで被害に遭った中高生は6人となっている。
 今回は、教師や父母が、生徒の現状認識より遅れを取っていると思われるテレホンクラブ(テレクラ)、ツーショットダイヤル(ツーショット)等の実態を取り上げ、その対策や生徒を性非行や性被害等から守るための指導について考えてみたい。 

ページの先頭へ戻る

 2.テレクラ・ツーショットの実態

テレホンクラブとは

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  1. 会員希望の男性が、直接営業所に行って「テレクラ会員」の申込みをする。(一般的には、会費2,000円と120分間の個室使用料2,000円)
    個室に入って女性からの電話を待つ。
  2. 女性が、フリーダイヤルでテレクラに電話する。
  3. 女性からの電話は、テレクラの各個室の電話機に通じ一斉に鳴る。
    個室の男性は早い者勝ちで受話器を取って、女性と会話する。

 

ツーショットダイヤルとは

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  1. 男性は、街頭に設置されている「プリペイドカード自動販売機」でカードを購入する。(一般的には、30分3,000円、60分5,000円)カードに会員番号が記載されていて、その場で会員になる。ツーショット業者に電話して、申込みを行う方法もある。
  2. 会員となった男性は、自宅や公衆電話等から業者に電話し、女性からの電話を待つ。
  3. 女性がフリーダイヤルでツーショット業者に電話する。
  4. ツーショット業者は、女性からの電話を、待機中の男性の電話にコンピュータで自動接続し、通話可能にする。

 

長野県内の設置状況(県警少年課) -平成8年8月現在-

地域別の状況

増加の状況

生徒の知識・行動等の実態

総務庁の調査研究報告書から抜粋

平成7年10月~11月に岩手・埼玉・愛知・和歌山・鹿児島の5県の都市部で、中2、高2生とその保護者2,348組を対象に調査したもの。(H8.8)

※中:中学生、高:高校生、数字は%

1.「テレクラ」「ツーショットダイヤル」という言葉を知っていますか。

「テレクラ」

性・校種

項目

男子

女子

全体

聞いたことがない

6.6

3.2

2.3

1.7

3.4

聞いたことはあるがなんだかわからない

31.7

10.9

18.1

7.6

16.4

だいたいわかる

29.0

43.2

36.8

40.0

37.4

わかる

31.9

42.8

42.6

50.6

42.5


「ツーショットダイヤル」

性・校種

項目

男子

女子

全体

聞いたことがない

36.8

16.7

26.5

17.0

23.7

聞いたことはあるがなんだかわからない

31.7

27.0

30.7

28.0

29.2

だいたいわかる

13.7

31.1

25.2

30.2

25.4

わかる

7.3

25.1

17.4

24.7

21.4


2.
今までに、テレクラやツーショットに電話したことがありますか。

性・校種

項目

男子

女子

全体

ある

10.2

6.6

17.0

27.3

15.9

ない

89.8

93.4

83.0

72.7

84.1


2.自分の子どもが、テレクラやツーショットに電話したことがあると思いますか。
 ※参考(保護者への質問)

性・校種

項目

男子

女子

全体

あると思う

1.2

1.2

0.9

1.5

1.2

ないと思う

95.5

90.7

96.9

95.1

94.5

わからない

1.2

6.5

0.9

2.6

2.8

無回答

2.0

1.6

1.3

0.8

1.4

 

 


3.なぜ、テレクラ等に電話をしましたか。 (複数回答)

性・校種

項目

男子

女子

全体

おもしろそうだった

44.4

62.9

71.6

77.8

69.7

ヒマだったから

44.4

48.6

58.0

59.4

55.7

相手をからかいたかった

16.7

31.4

42.0

36.1

34.0

スリルや刺激がほしかった

27.8

42.9

27.2

18.9

24.6

電話代がタダだから

11.1

14.3

23.5

22.2

20.0

あそびたかった

18.5

20.0

25.9

15.0

18.6

エッチな話がしたかった

29.6

31.4

19.8

1.7

13.1

小遣いや品物が欲しかった

-

2.9

4.9

4.4

3.7

話し相手がほしかった

-

2.9

2.5

4.4

3.1

彼氏や彼女を見つけたかった

3.7

2.9

3.7

1.1

2.3

さみしかった

-

-

1.2

3.9

2.3

 

4.電話をかけた後、どうしましたか。 (複数回答)

性・校種

項目

男子

女子

全体

電話で話しただけ

64.8

62.9

85.2

83.3

78.9

会う約束をした

20.4

14.3

35.8

30.0

28.3

どんな人か見てみた

3.7

8.6

27.2

11.7

13.7

ホテルヘいった

7.4

11.4

3.7

3.9

5.1

実際に会った

1.9

2.9

2.5

4.4

3.4

しばらく交際した

3.7

2.9

1.2

1.7

2.0

飲食を一緒にした

-

2.9

1.2

2.2

1.7

ドライブにいった

-

-

1.2

2.8

1.7

お小遣いをもらった

-

-

2.5

1.1

1.1

何かを買ってもらった

-

-

-

0.6

0.3

その他

22.2

20.0

3.7

6.7

9.7

県内の新聞報道から(概要)

ツーショットダイヤル摘発 H8・7・18信毎

 長野市内で、ツーショットダイヤルの事務所を設け、郵政省に届け出をしないで営業をしていた経営者が書類送検された。
 この経営者は、長野、須坂の3ヵ所にプリペイドカード自販機を設置、さらに、「テレパニオン」と称する「さくら」の女子高生9人を含む12人を雇い、電話させていた。さくらの女性には、1分の会話で25円を支払っていた。

女子高生を恐喝未遂 H8・9・6信毎

 A容疑者(40歳男性)は、伝言ダイヤルで知り合った女子高生(17歳)をホテルに連れ込んで、写真を撮影。その後、女子高生の自宅に電話をかけ、「写真とネガを50万円で買え。変なまねをしたら、学校にばらまくぞ」などと現金を脅し取ろうとした疑い。
※伝言ダイヤルとは、ツーショットの一種。特定の電話番号にダイヤルし、暗証番号を押してメッセージを録音、再生するシステム
※女子高生は、雑誌「ポップティーン」のテレクラ欄を見て電話し、加害者と知り合った。本人の電話相談から、事件が発覚した。(県警少年課)

ページの先頭へ戻る

 3.何が問題なのか

  1. 女性への広告が、雑誌、各戸のチラシや街頭でのティッシュ配布等で行われ、対象を選んでいないために子どもたちの目に触れ易い。
  2. 女性はフリーダイヤル(無料)で電話ができ、生徒の興味本位な利用から、電話での会話にとどまらず、他の場所への待ち合わせなどに発展し、性的被害や性非行の温床につながることがある。
  3. ほとんどの男性客の最終目的が、女性との性的な関係を持つことにある。
  4. お金欲しさから、売春まがいのことが行われている事例がある。
  5. 背後に暴力団関係者が係わっていて、売春・淫行など性犯罪に巻き込まれている事例がある。

ページの先頭へ戻る

 4.防止等の対策

 大事なことは、気掛かりな児童生徒を早期に発見し、初期の段階で適切な指導を行うことである。

学校として

教師・保護者に対する研修会の開催
 警察等の協力を得て、研修会等を積極的に開催し、生徒指導担当教師だけでなく、全ての教師、保護者が児童生徒を取り巻く有害環境の実態や問題点を知り、指導に当たる。

児童生徒に対する非行防止教室の開催
 警察等の協力を得て、地域の実情に応じた非行防止教室等を開催し、薬物乱用・性非行・いじめ等の非行や、テレクラ・わいせつ図面などの実態、問題点等を正しく理解、判断させることにより、規範意識を醸成させる。

※啓発用ビデオの貸出:
 「もしもし‥‥‥~電話の奥の甘いワナ~」(県青少年育成県民会議 ☎026-225-0125)

家庭・警察との連携強化
 
連携体制を確立し、定期連絡、突発事態への対応等、問題行動に適切に対処できるようにする。

盛り場、ゲームセンター、溜まり場などの巡回
 警察、少年補導委員、子ども会指導者、PTA役員等と連携し、非行の温床となっている場所等への計画的な巡回を実施し、積極的な声かけ、指導、助言を行う。

教師として

生徒一人一人の様子を細心の注意をはらって見守り、気になるときには、迷わず声をかける。

チェックポイント

  • 大人しさ、学習成績などに関係なく、利用している場合もあり得ることを念頭におく。
  • 突然、部活動等を止めたり、成績に大きな変化がでたり、生活態度が派手になったりしていないか。
  • 教室に、ヤング向け雑誌を頻繁に持ち込み、仲間同士で回覧したり、切り抜いたりしていないか。
  • 生徒が、複数で「電話ボックス」や「コンビニ」などにたむろして、話し込んでいるようなことはないか。

ホームルーム等を使って「テレクラ・ツーショット等への電話あそびをしない」などの指導を、事例を示してきちんと行う。

  • 男性客のほとんどが、性的関係をもつことを目的としていること。
  • 好奇心、興味本位の電話がきっかけで、ことば巧みにだまされて被害に遭うケースが、増加していること。

家庭として

  1. テレクラ等のチラシ・広告ティッシュは、子どもの手に渡らないように気を配る。
  2. テレクラ等に興味本位に電話をしないよう、機会をとらえて家庭での話し合いをもつ。
  3. 子どもの生活に気を配り、気がかりなことがあったら、機を逸することなく、声を掛ける。

チェックポイント

  • 電話の回数が増えたり、不特定の男性から頻繁に電話がかかったりして外出が多くなったりしていないか。
  • メモ帳などに心当たりのない電話番号が書いてあったりしないか。
  • 見慣れない物や高価な物、不相応な現金を持っていたり、親の知らない預金口座を設けていたりしていないか。
  • うそをついたり、家族との対話を避けたりするようになっていないか。
  • 外で遊ぶのをいやがり、閉じこもって、電話を待つような素振りはないか。

ページの先頭へ戻る

 5.指導事例

中学校「テレクラがきっかけの家出さわぎ」

概要  B子の両親は、子どもの教育について関心が薄く、放任に近い状態である。B子は、基本的生活習慣が不足し、堪え性が乏しい生徒であり、怠学傾向にあった。優しい言葉掛けを期待し、そのうえ、異性への関心が異常に高いように思えた。

 ○月○日(金曜日)学校を早退した午後、雑誌で知ったテレクラヘ家から電話をし、C市の男性(自称20歳)と翌日(土曜日)午後にD駅で会う約束をする。B子は、翌日、約束の時間にD駅に行ったが男性は現れなかった。そこで、B子はその駅から再びテレクラヘ電話をする。今度は東京の男性(自称25歳)とつながり「俺はお金をたくさん持っている。お前の好きなところへ車で連れていってやるから上野まで出て来ないか」と誘われ、午後7時に上野で待ち合わせをする約束をする。
 B子は、3万円ほど持っていたのでその足で特急に飛び乗って上野に向かった。ところが、途中列車事故があり、上野に着いた時には7時を過ぎていた。約束の場所へ急いだがそれらしき男性は見当たらなかった。もうすでに最終列車で帰れる時刻ではなかった。そこで、朝まで時間を過ごすしかないと思い、原宿・渋谷へ行き一人で盛り場をうろついていた。
 途中、ふと遊び仲間のことを思い出し、11時頃同じクラスのE子に「今東京の渋谷にいる。大丈夫だから心配しないで」と、電話をする。朝まで何度となく男性から声をかけられたが、怖かったので知らん顔をしていた。夜が明けて人通りが少なくなり、眠たさと疲れの中で少し落ちついて自分の今の状況を考えることができた。家に帰ろうと思い、午前8時頃「今、東京の渋谷にいる。これから帰る」と、家に電話を入れて列車に乗る。

学校の対応
  1. B子が家を出た土曜日の午後10時頃、母親から担任に「B子が帰ってこない」との連絡がある。しばらくして、E子から、「B子は渋谷にいる」との情報が入る。担任はこのことを母親に知らせてからすぐにD駅へ様子を聞きに行く。
  2. 担任は、母親から捜索願いを出したことを聞いて校長に経過を報告したあと、消息についての情報を得るため、母親と一緒に警察署に出向く。
  3. 校長・教頭・生徒指導主事・学年主任・担任が集まり、経過の確認と今後の対応について話し合う。
  4. 日曜日の朝、母親から担任にB子が帰ってくるとの連絡が入る。担任は、校長に報告してからD駅に迎えにいく。昼過ぎの特急列車で帰ってきたB子を学校に連れていき、待っていた先生方に顔を見せてから事情を聴く。
  5. その後、本人・母親と一緒に警察署に行き事情を説明する。
この事例から学んだこと
  • 女子中学生の間に、テレクラが好ましくない所と知りながら、簡単に利用している実態がある。家庭や学校に居場所がない生徒同士が小集団化し、孤独な淋しさを紛らわすより所にしてはいないか。温かい家庭づくりへの援助、学級や学校の温かな人間関係の構築が大切である。
  • 事の成り行きにより、被害に直結する危険性を知らずに、「どうなってもいい」という自暴自棄な気持ちが心の奥底に潜んでいるような生徒はいないだろうか。学校は常に一人一人の子どもを家庭環境まで含めて把握し、心情を理解し、その子にとって望ましい接し方をすることが大切である。
  • 担任がE子と信頼関係があったために、情報が得やすかった。日頃から生徒と何でも話せる関係をつくっておくことが大切である。
  • 危機管理について、いざというときに「報告・連絡・相談」を重視した迅速・適切な対応ができる学校体制を築いておく必要がある。


高等学校「テレクラから立ち直ったF子」

概要  F子は、自分の良き理解者である担任を信頼していた。3回目の喫煙が発覚し、学校を続けるためには学校に目が向いていない今までの生活がどこまで改められるか、決意を問われた。担任のいつにない眼差しに、自分が退学になるぎりぎりの所にきていること、担任は助けたいと思っていることを感じた。F子は、テレクラを利用したことを、ざんげする思いで話し始めた。
 夏休みに、中学の友達からテレクラの話を聞き、月に1~2回電話をして、相手をからかったりして楽しんでいた。3月の休みに電話をしたときにカラオケに誘われ、長期休みで暇だったので会う約束をした。相手は30歳位の真面目そうな人だった。その日は、歌ったり話したりして楽しく過ごしただけだった。帰り際に、「また、会ってくれるね」と言って電話番号を教えてくれ、楽しかったお礼と電話代にと、3万円をくれた。次の日から、電話をしてたびたび会うようになり、ラブホテルヘ行くようになった。会うごとに3~5万円をもらった。そのうちに、相手に会えない日は、テレクラに電話をして違う人ともつき合うようになった。
学校の対応
  1. 生徒が、興味本位にうわさしたりすることのないよう、この事例は秘密に扱った。
  2. 担任だけでなく、校長・生徒指導部が加わり、両親と「人としての生き方・在り方の教育」について、真剣に話し合った。両親の発言から、F子に主体的に係わっていこうとする決意が感じられた。
  3. 本人に、いままでの行動を振り返りながら、生きがいや進路について十分に考える時間を与えた。
  4. 職員会で、テレクラ等の実態や生徒の抱える心の問題について研修し、性非行・性被害の防止策について話し合った。その後、全クラスが同一歩調で、テレクラ・ポケベル等について話し合いを持った。
    また、関係教科で性被害等についても触れた指導をしていくことを申し合わせた。
  5. F子への援助とその後
    ・授業や学級で活躍する場をつくり、自信を持たせる工夫をした。
    ・学習の遅れを取り戻すため、放課後、級友と一緒に勉強をさせた。
    ・しばらくの問、生徒指導部が面接相談を続け、心のケアーとともに進路相談にのり、目標を持たせた。
    ※生徒指導部の先生と親しくなり、進路・学習・悩み等について、笑顔で相談に行くようになった。
    ※クラスでは、行事等に積極的に関わるようになった。
この事例から学んだこと
  • 性に関わる問題行動の発見の難しさや生徒の罪の意識の低さを痛感した。特にファッション等流行への関心が高い外向的なタイプで、判断力や現実感に乏しい生徒には普段から何でも相談できる関係を心掛け、十分な援助が必要である。
  • 対話を通して、共に家庭生活を建て直そうと真剣になる親自身の姿が、子どもを変えることを強く感じた。
  • 生徒を取り巻く有害環境の実態や性に関する問題行動の危険性について、地区PTAや学級懇談会等で取り上げ、ともに学習しながら、家庭と連携して見守っていくことが大切である。

ページの先頭へ戻る

お問い合わせ

所属課室:長野県教育委員会事務局心の支援課

長野県長野市大字南長野字幅下692-2

電話番号:026-235-7450

ファックス番号:026-235-7484

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?