ホーム > 第1045回長野県教育委員会定例会会議録

ここから本文です。

更新日:2019年6月24日

第1045回長野県教育委員会定例会会議録

1日時

平成30年(2018年)12月20日(木曜日)

午後2時00分から午後3時55分まで

2場所

県教育委員会室

3議題

○議題

議第1号職員の処分について

議第2号平成32年度(2020年度)長野県立中学校入学者選抜の実施日程について

議第3号平成32年度(2020年度)長野県立高等学校入学者選抜の実施日程について

議第4号県立長野図書館協議会委員の委嘱について

議第5号学校職員のへき地手当等に関する規則の一部を改正する規則案について

議第6号長野県立高等学校の通学区域に関する規則の一部を改正する規則案について

     

○教育長報告事項 

(1)平成30年11月県議会定例会の結果について

(2)平成30年度発達障がいに関する実態調査の結果について

(3)平成31年度長野県立中学校入学者選抜について

(4)平成30年度全国体力・運動能力、運動習慣等調査の結果(速報)について

 

その他

(1)県立歴史館冬季展「田淵行男展」について

(2)県立歴史館編信州学ブックレット第2巻の刊行について

 

4出席者

○教育長

原山隆一

 

○委員

教育長職務代理者耳塚寛明

委員矢島宏美

委員荻原健司

委員 塚田裕一

委員中澤眞

 

 

○その他

轟教育次長、三輪教育次長、内堀高校改革推進参与、尾島教育政策課長、北村参事兼義務教育課長、

塩野参事兼高校教育課長、永原特別支援教育課長、佐倉参事兼教学指導課長、

宮崎全国高等学校総合文化祭推進室長、小松参事兼心の支援課長、

萩原文化財・生涯学習課企画幹、神田保健厚生課長、内山スポーツ課長、越国体準備室長

 

会議録

原山教育長

ただいまから、第1045回教育委員会定例会を開会します。それでは、議事に入ります。本日の審議事項中、議第1号「職員の処分について」は、特定の個人に関する情報が含まれている案件です。つきましては、議第1号を非公開とすることが適当と思われますが、ご異議ございませんか。

 

全委員

異議なし。

 

原山教育長

ご異議ございませんので、議第1号は非公開とすることに決定いたしました。なお、非公開案件につきましては、本日の最後に審議することといたします。

それでは、議事に入ります。議第2号「平成32年度(2020年度)長野県立中学校入学者選抜の実施日程について」、塩野高校教育課長から説明をお願いします。

 

塩野高校教育課長

(資料説明)

 

原山教育長

ただ今の説明につきまして、ご質問、ご意見ありましたらお願いします。

よろしいでしょうか。それでは、議第2号を原案どおり決定したいと思いますが、ご異議ございませんか。

 

全委員

異議なし。

 

原山教育長

ご異議ございませんので、議第2号を原案どおり決定いたします。続いて、議第3号「平成32年度(2020年度)長野県立高等学校入学者選抜の実施日程について」、塩野高校教育課長から説明をお願いします。

 

塩野高校教育課長

(資料説明)

 

原山教育長

ただ今の説明につきまして、ご質問、ご意見ありましたらお願いします。

よろしいでしょうか。それでは、議第3号を原案どおり決定したいと思いますが、ご異議ございませんか。

 

 

全委員

 

議なし。

 

原山教育長

ご異議ございませんので、議第3号を原案どおり決定します。次に、議第4号「県立長野図書館協議会委員の委嘱について」、萩原文化財・生涯学習課企画幹から説明をお願いします。

 

萩原文化財・生涯学習課企画幹

(資料説明)

 

原山教育長

ただ今の説明につきまして、ご質問、ご意見ありましたらお願いします。

よろしいでしょうか。それでは、議第4号を原案どおり決定したいと思いますが、ご異議ございませんか。

 

全委員

異議なし

 

原山教育長

ご異議ございませんので、議第4号を原案どおり決定します。次に、議第5号「学校職員のへき地手当等に関する規則の一部を改正する規則案について」、北村義務教育課長から説明をお願いします。

 

北村義務教育課長

(資料説明)

 

原山教育長

ただ今の説明につきまして、ご質問、ご意見ありましたらお願いします。

 

荻原委員

県内でへき地学校はどれくらいあるのでしょうか。

 

北村義務教育課長

57校です。支給対象人数が471人です。

 

荻原委員

具体的にはどのあたりの地域でしょうか。

 

北村義務教育課長

例えば、この辺りだと鬼無里や栄村です。

 

原山教育長

よろしいでしょうか。それでは、議第5号を原案どおり決定したいと思いますが、ご異議ございませんか。

 

全委員

議なし。

 

原山教育長

ご異議ございませんので、議第5号を原案どおり決定します。次に、議第6号「長野県立高等学校の通学区域に関する規則の一部を改正する規則案について」、塩野高校教育課長から説明をお願いします。

 

塩野高校教育課長

(資料説明)

 

原山教育長

ただ今の説明につきまして、ご質問、ご意見ありましたらお願いします。

私の方から。現在進めている入学者選抜制度の改正との関係とはどのようになるのでしょうか。

 

塩野高校教育課長

3月に提出いただいた報告書に基づき、現在新たな入学者選抜制度について局内で検討を進めているところです。一方で、受検機会の公平性、あるいは選択の権利を保障するという通学区域に関するものについては、選抜制度とは別の形で出していくことが可能であろうという判断のもと、今回提案をさせていただいたものであります。

 

原山教育長

よろしいでしょうか。それでは、議第6号を原案どおり決定したいと思いますが、ご異議ございませんか。

 

全委員

異議なし。

 

原山教育長

続いて、教育長報告事項に入ります。

教育長報告事項(1)「平成30年11月県議会定例会の結果について」、尾島教育政策課長から説明をお願いします。

 

尾島教育政策課長

(資料説明)

 

原山教育長

ただ今の説明につきまして、ご質問、ご意見がありましたら、発言をお願いします。

よろしいでしょうか。それでは、報告事項(1)を終了します。

次に、教育長報告事項(2)「平成30年度発達障がいに関する実態調査の結果について」、永原特別支援教育課長から説明をお願いします。

 

永原特別支援教育課長
(資料説明)

 

原山教育長

ただ今の説明につきまして、ご質問、ご意見がありましたら、発言をお願いします。

 

矢島委員

統計をとることはとても分かりやすいと思いますが、診断名を付けることによって安心してそこで終えてしまうという傾向が学校現場であると思います。例えば薬を飲ませて終わり、ということではなく、この子が生きづらさを感じているのであれば、その生きづらさをどのように解消し支援してあげるのか、というところまで持っていかなければ、家庭環境や二次障がいにも影響が出てくると思います。また、虐待を受けている子どもが、発達障がいのような行動をとることもあるので、診断名だけではなく、環境からくるものなのか、またはその子が持っている特性なのか、という視点が必要だと思いました。

4ページの対応ですが、各学校にいる特別支援コーディネーターの質の向上も大切になっていくと思います。

 

原山教育長

他にいかがでしょうか。よろしいでしょうか。それでは、報告事項(2)を終了します。

次に、教育長報告事項(3)「平成31年度長野県立中学校入学者選抜について」、塩野高校教育課長から説明をお願いします。

 

塩野高校教育課長

(資料説明)

 

原山教育長

ただ今の説明につきまして、ご質問、ご意見がありましたら、発言をお願いします。

よろしいでしょうか。それでは、報告事項(3)を終了します。

ここで、教育長報告事項を1件追加しますので、資料を配布します。それでは、本日スポーツ庁より発表がありました、「平成30年度全国体力・運動能力、運動習慣等調査の結果(速報)について」、内山スポーツ課長から報告をお願いします。

 

内山スポーツ課長

(資料説明)

 

原山教育長

ただ今の説明につきまして、ご質問、ご意見がありましたら、発言をお願いします。

 

荻原委員

この調査は、体の柔軟性と瞬発力しか測っていないので、持久系の数値が測定されていません。長野県は中学校、高校で駅伝等が強いので、本当に素直に子どもの体力が表されているとは思えませんが、先ほど課長がおっしゃったように一週間の平均総運動時間が全国的に少ないです。ある研究調査によると、日常的に、また幼少期から運動を長く続けることで、平均寿命が長くなるというデータがあります。長野県は長寿県でもありますので、いわゆるQOLを高めていくという上で、日常的に運動のある生活を送るということを習慣づけていくことが必要ではないかと思います。

 

原山教育長

国体もありますので、それに絡めていかがですか。

 

内山スポーツ課長

国体に向けては、ゴールデンエイジ時代の運動習慣の重要性に鑑みて重点的に取り組んでいるところでございます。ご指摘いただいた点はしっかり受け止めさせていただきます。

なお、一週間の総運動時間に関して、資料の8ページの3番になりますが、第二次長野県スポーツ推進計画の中でも60分未満の割合を少しでも減らしていくということを新たに目標に掲げましたので、今後5年間の中でしっかりと取り組んでいきたいと思います。

 

原山教育長

国体はアスリートだけではなく国民全体がスポーツに親しむ文化という意味では、子どもの頃からそういった環境を整え、皆がスポーツに親しむ、という方向性を我々としても目指していきたいと思います。

他にいかがでしょうか。よろしいでしょうか。それでは、教育長報告事項を終了し、その他に入ります。その他(1)「県立歴史館冬季展「田淵行男展」について」、その(2)「県立歴史館編信州学ブックレット第2巻の刊行について」、萩原文化財・生涯学習課企画幹から説明をお願いします。

 

萩原文化財・生涯学習課企画幹

(資料説明)

 

原山教育長

ただ今の説明につきまして、ご質問、ご意見がありましたら、発言をお願いします。

よろしいでしょうか。それでは、以上で公開の審議を終了いたします。これから非公開の審議に入りたいと思いますので、恐れ入りますが、傍聴人の方は退出をお願いいたします。

 

 

ページの先頭へ戻る

 

お問い合わせ

教育委員会事務局教育政策課

電話番号:026-235-7421

ファックス:026-235-7487

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

  • さわやか信州旅ネット(観光機構)
  • しあわせ信州(信州ブランド推進室)