ホーム > 暮らし・環境 > 人権・男女共同参画 > 人権 > 人権尊重メインページ > 人権啓発ビデオの貸出し方法・目録

ここから本文です。

更新日:2019年5月10日

人権啓発ビデオの貸出し方法・目録

人権啓発ビデオの貸出しを、上田・上伊那・松本の各地域振興局及び人権啓発センターでおこなっています。
各所でのビデオ等リストは、『貸出しリスト』の配置箇所欄をご覧ください。

貸出しリスト

ビデオカセット(Excel形式(エクセル:163KB)PDF形式(PDF:740KB)

DVD(Excel形式(エクセル:27KB)PDF形式(PDF:242KB)

フィルム【貸出しは人権啓発センターのみ】(Excel形式:103KBPDF形式:88KB

貸出本数

原則1回につき3作品以内

利用期間

原則10日(発送・返却日も含む)以内

利用料金

無料(送料は、利用者負担)

申込方法

申込みは、電話・FAX・郵送・直接来所のいずれかの方法によりお願いします。

※借受け・返却は、直接来所・宅配便・郵便小包のいずれかの方法によりお願いします。
※送料が発生する場合、往復とも利用者負担となります。


受付可能日時

地域振興局は、月曜日~金曜日(休日及び年末年始を除く)午前9時から午後5時まで

人権啓発センターは、火曜日~日曜日(休館日を除く)午前9時から午後5時まで
*人権啓発センター休館日
(1)毎週月曜日(祝日、振替休日にあたるときは火曜日)
(2)祝日の翌日(土・日にあたるときは開館)
(3)センターが定める日(年末年始等)

受付場所等

東信 上田地域振興局総務管理課

〒386-8555
上田市材木町1-2-6上田合同庁舎
TEL(0268)25-7111
FAX(0268)25-7115

南信 上伊那地域振興局総務管理課 〒396-8666
伊那市荒井3497伊那合同庁舎
TEL(0265)76-6803
FAX(0265)76-6804
中信 松本地域振興局総務管理課 〒390-0852
松本市大字島立1020松本合同庁舎
TEL(0263)40-1903
FAX(0263)47-7821
北信 長野県人権啓発センター

〒387-0007
千曲市屋代字清水260-6県立歴史館内
TEL(026)274-2306
FAX(026)274-2309

 

 

新しいビデオ(DVD)のご紹介
 no66

 【語り部講演会 多磨全生園「人権の森」を考える】№66

上映時間 1時間35分

対象:一般向け(手話あり)

 ハンセン病の方々は、かつて、故郷を捨てさせられ、人としての権利と当たり前の幸せを奪われて、療養所での生活を強いられてきました。14歳の時、多磨全生園に入所した平沢保治さんが語り部となり、過酷な差別と筆舌に尽くしがたい苦難、全生園の歴史について、自らの体験をもとに語っています。また、入所者が故郷を想い、自らが生きた証として植樹し、大切に育てた緑と歴史と人の命の尊さを、後世に伝える「人権の森」構想について学ぶことができます。

この作品は、人権啓発センターのみ貸出しを行っております。

 no65

 【ひいらぎと くぬぎ ―多磨全生園 人権の森―】№65

上映時間 39分

対象:一般・中高生向け

 東村山市には、東京で唯一の国立ハンセン病療養所「多磨全生園」があります。ハンセン病はかつて不治の病と恐れられ、入所者の方々は過酷な差別と国の強制隔離政策による筆舌に尽くしがたい苦難を受けてきました。

 この作品では、大正初期、少年がハンセン病(旧ライ病)を発症し、当時の強制隔離時代の中、ハンセン病療養所「国立療養所多磨全生園」に収容され、多磨全生園で生き抜くという過去の様子を再現ドラマで表現しています。再現ドラマは過去にあった実際のできごとをもとに構成されていますが、登場人物は架空のものです。後半では、現在の多磨全生園での活動、園内に数多くある史跡や風景、そして、「人権の森構想」について紹介しています。

この作品は、人権啓発センターのみ貸出しを行っております。

 no64

 【障がいのある人と人権 ~誰もが住みよい社会をつくるために~】№64

上映時間 33分

対象:一般向け(日本語字幕付き)

 障がいのある人もない人も誰もが住みよい社会をつくるためにはどうしたらよいのでしょうか?この作品では、障がいのある人が直面する人権問題や心のバリアフリーの実現に向けた取組などを紹介し、「障がいのある人と人権」について考えていきます。
 (1) オープニング(1分)
 (2) 障がいとは?(3分)
 (3) 障がいのある人が直面する人権問題(14分)
 (4) 誰もが住みよい社会をつくるためには(15分)

この作品は、人権啓発センターのみ貸出しを行っております。

 no63

 【わからないから、確かめ合う】№63

上映時間 29分

対象:企業向け(日本語字幕付き)

 長時間労働による過労死、セクハラやパワハラなどのハラスメント、不当な差別など、企業が関わる様々な「人権問題」への対応は、時として、企業の価値に大きく関わります。そのため、企業の社会的責任(CSR)や社会的責任投資(SRI)に対する関心の高まりと相まって、人権尊重の考え方を積極的に企業方針に採り入れたり、職場内で人権に関する研修を行ったりする企業も増えてきています。この作品では、ハラスメントや差別扱いなど、多くの日本企業が直面する可能性が高いテーマを中心に取り上げ、それらに共通する解決策として、「コミュニケーション」を提示しています。
 (1) 言葉は相手のために(ハラスメント)
 (2) 違うからこそわかりやすく(外国人)
 (3) 本当を確かめ合う(障がい者)
 (4) 本人

この作品は、人権啓発センターのみ貸出しを行っております。

 no62

【人権啓発は企業にどんな力をもたらすのか】№62

上映時間 25分

対象:企業向け(日本語字幕付き)

 企業は利潤追求という価値観だけでなく、社会にとって責任ある存在であるという立場が求められており、企業内での人権啓発の必要性も高まっています。この作品では、企業に働く人が人権の視点を取り入れて、仕事に関わっていくことが企業にどんな力をもたらすかということを、ドラマ形式で事例をとりあげながら考えていきます。
 (1) 聴き合う、伝え合う(ハラスメント)
 (2) その人自身が活きる職場のために(障がい者・外国人)
 (3) あらゆる性の活躍のために(LGBT)
 (4) 多様な働き方のために(ワークライフ・バランス)
 (5) フェアな会社であるために

この作品は、人権啓発センターのみ貸出しを行っております。

 no61

 【わたしから はじめる 人権  ~女性の人権編~】№61

上映時間 24分

対象:一般向け(日本語字幕付き)
 女性の人権問題について、ドラマ、ドキュメンタリー、解説と三つのパートで構成さ
れています。自分が被害者、加害者、傍観者になっていないかを問いかけ、被害者の心
の痛みを知ることを通して、日常に差別があった場合、どうするべきかを考えてゆきま
す。
 (1)子育ては女性の仕事? (2)介護は女性が担うもの? (3) 女性が上司だと? 
 (4) ドメステイック・バイオレンス  (5)セクシュアルハラスメント 
 (6 )セクシュアルハラスメント(解説) (7) ドメステイック・バイオレンス(解説)

この作品は、人権啓発センターのみ貸出しを行っております。

 no60

 【わたしからはじめる人権 ~子どもの人権編~】№60

上映時間 18分

対象:一般・保護者向け(日本語字幕付き)

 子どもの人権問題について、ドラマ、ドキュメンタリー、解説と三つのパートで構
成されています。大人からは見えない子どもの本音に迫りながら、子どもの人権を守
るためにできることは何か考えていきます。『子ども虐待』は、虐待防止センターの
相談員の話を中心に、虐待とは何か。どうしたら防ぐことができるか、具体的に学ぶ
ことができます。
 (1)育児不安 (2)子どものいじめ (3)子どものプライバシー
 (4)子育て不安(解説) (5)子ども虐待(解説) (6)いじめ(解説)
 (7)子ども権利条約 4つの柱

この作品は、人権啓発センターのみ貸出しを行っております。

 no59

 【わたしからはじめる人権 ~障がいのある人の人権編~】№59

上映時間 18分

対象:一般向け(日本語字幕付き)

 それぞれ違う障がいを抱えながら生きる人々の姿や言葉を通して、障がいのある人の人権について考えてゆきます。障がいのある人々が、よりよくいきるために、私達にできることはなにか、考えるきっかけとなります。
 ドラマパートとドキュメントパートで構成されています。日常生活の中で見かける差別を、ドラマパートで取り上げ、視聴者自身の差別意識について問いかけます。ドキュメントパートでは、差別された経験のある人々の苦しみや、人としての素晴らしさを伝えてゆきます。自分の中の偏見に気づき、どうその気持ちに立ち向かうか、考えるきっかけとなります。
 (1)障がい者の人権 (2)肢体不自由 (3) 視覚障がい (4) 聴覚障がい
 (5)肢体不自由な方への接遇 (6)視覚に障がいのある人への接遇
 (7) 聴覚に障がいのある方への接遇

この作品は、人権啓発センターのみ貸出しを行っております。

 no58

【企業活動に人権的視点を② ~会社や地域の課題を解決するために~】№58

上映時間 1時間37分

対象:企業向け(企業など組織の経営者および関係者)

 企業活動にCSR(企業の社会的責任)や人権的視点を取り入れている組織の経営者や関係者へのインタビュー、実際の取組の様子、従業員や地域の人々の声などで構成されているドキュメンタリーです。取り上げられている先駆的な事例について、取組のポイントやCSRと人権課題に関する解説、そして企業活動に人権的視点を取り入れることのメリット等も紹介しています。 

 ⑴ ユニバーサルデザイン ⑵ワークライフバランス ⑶外国人雇用 ⑷LGBTへの対応 ⑸地域社会への貢献(SDGsの実践) ⑹解説(企業の社会的責任と人権)

この作品は、人権啓発センターのみ貸出しを行っております。

no57

 【シリーズ映像で見る人権の歴史 第6巻 日本国憲法と部落差別】№57

上映時間 17分

対象:一般、小中高 

 第二次世界大戦が終結し、アジア諸国を侵略していた日本は敗戦国としてアメリカやイギリスなどの連合国の占領下におかれました。進駐したGHQは、民主主義や人権を認めていなかった「大日本帝国憲法」が廃止され新たな憲法が制定されることを期待しましたが、日本側の作業が進まないために原案を提示しました。このことから今なお「日本国憲法はアメリカの押しつけではないか。」という議論があります。このDVDではどの様な経過を経て憲法が制定されたのかを検証し、その過程で戦後初の男女同権による民主選挙によって選出された国会議員たちが主体的に憲法制定に取り組んだことを明らかにしました。さらに、第14条の条文をめぐる議論に注目し、ここに「部落差別の禁止」が明確に記載されたことも明らかにしました。

 だれ一人として「差別されない」と明記された日本国憲法こそが、真の「解放令」であることを伝え、「差別を黙って見過ごしてはならない」ことを、今改めて憲法の意義と共に問いかけます

 監修:上杉聡・外川正明

この作品は、人権啓発センターのみ貸出しを行っております。

 no56

 【企業と人権 職場からつくる人権尊重社会】№56

上映時間 40分

対象:一般、企業研修向け

 近年、長時間労働による過労死、セクハラやパワハラなどのハラスメント、さらには様々な差別に関わる問題などが社会の注目を集めています。こうした「人権問題」への対応は、時として企業の価値に大きく関わります。そのため、人権尊重の考え方を積極的に企業方針に取り入れたり、職場内で人権に関する研修を行うことは大切です。このDVDは企業向けに実施する研修会等で活用しやすいようにドラマや取材、解説も交えて構成しています。

 ⑴企業にとって人権とは ⑵ハラスメント ⑶ LGBTに対する差別・偏見 ⑷障がいのある人に対する差別・偏見 ⑸外国人に対する差別・偏見 ⑹えせ同和行為

この作品は、人権啓発センターのみ貸出しを行っております。

 no55

 【インターネットと人権 加害者にも被害者にもならないために】№55

上映時間 30分

対象:中高生及びその保護者、教育関係者向け

 インターネットは私たちの生活を豊かにすると共に欠かすことのできないものになっています。しかし一方で、インターネット上の人権やプライバシーの侵害につながる行為は後を絶たず、近年特にネットいじめや子どもたちをターゲットにした犯罪が社会問題となっています。また、インターネットに関する知識や意識が十分でない中学生や高校生は、被害者になるだけではなく、意図せず加害者になることも少なくありません。本DVDは、主に中高生やその保護者、教職員を対象に、インターネットを利用する上での危険性や、安全な利用法・対策についてわかりやすくまとめられています。

この作品は、人権啓発センターのみ貸出しを行っております。

no54

【シリーズ映像でみる人権の歴史 第4巻 明治維新と賤民廃止令】No.54

上映時間 18分 

対象:小学生版・中学生以上版  

 部落差別を撤廃する捕獲的な動きは、長州藩で身分を超えた軍隊・奇兵隊がつくられ、差別されていた人々が「維新団」などの名で命をかけて幕府軍と戦い、大活躍をしたことに始まります。しかし幕府が倒されると、人々は明治政府に裏切られ、そうした流れの中で「賤民廃止令」が出されたのです。
 このDVDでは最新の研究をもとに、明治政府が差別をなくすためでなく、地租改正により税を取る目的で「賤民廃止令」をだしたこと、従って壬申戸籍に差別的な記載をすることも政府自身が許可したことなどを、公文書を素に丁寧に描いています。近代社会においても「部落差別」が存続した構造を浮かび上がらせています。

 監修:上杉聡・外川正明  (PDFで指導資料も収録されている)

この作品は、人権啓発センターのみ貸出しを行っております。

※その他、こちらでもビデオを紹介しています。

来館の御案内 展示室の御案内 講師の派遣 パネルの貸出し
  センター広報誌「人権ながの」 人権相談  

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

県民文化部人権・男女共同参画課

電話番号:026-235-7106

ファックス:026-235-7389

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?