ホーム > 長野県林業総合センター > お役立ち情報 > 林業総合センターってどんなところ?

ここから本文です。

更新日:2018年9月13日

林業総合センター

キッズコーナー
林業総合センターってどんなところ?

イラスト:みどりさんイラスト:りんたろう君

こんにちは。わたし、林みどり。ぼく、森りんたろうです。
今日は林業総合センターの見学に来ました。よろしくお願いします!


宮所長

みどりさん、りんたろう君、こんにちは。

所長の宮宣敏(みやのぶとし)です。今日は遠くまで来てくれてありがとう。

 

 

みどり

 

林業総合センターって、どんな仕事をしているんですか?


宮所長

ここ林業総合センターは、林業がより良くなる様にお手伝いをしているところだよ。

 

みどり

森林や木の研究ってどんな事をしているんですか?

 

宮所長

ここでは、大きく分けて3つのことを研究しているんだよ。

ひとつは、立派な林を育てたり、その林が病気や虫、ケモノなどで困らないような研究をしている「育林部」。

育林部

 

次に、きのこや山菜を上手に育てる研究をしている「特産部」。

特産部

 

そして、建物などに木を使う技術を研究している「木材部」。

木材部

この3つがあるんだよ。

みどり

へえ~。

いろいろな研究をしているんですね。

 

宮所長

林業総合センターでは、研究をしている3つの部だけじゃなくて、林業のことを教える「指導部」や、この施設を使いやすくしている「管理部」の5つで仕事をしているんだよ。

 

みどり

みんなで、いろいろな仕事をしているんですね。

 

宮所長

では、建物の中を見てみようか。

研修

 

りんたろう

わぁ~たくさん人がいますね。

何をしているんですか?

 

宮所長

林業で使う道具の勉強をしているんだよ。

りんたろうくんは「林業」ってどんな仕事か知っているかい?

「林業」というのは、木を育てて、大きくなったら伐って、材木として使えるように加工する仕事だよ。

木はとても大きくて重いから、大きな機械やちょっと危ない機械も使うことがあるんだ。

だから、きちんと勉強しなくちゃいけないんだ。

どんな勉強が必要なのかを考えて、実際にお話してくれるのが「指導部」なんだよ。

 

りんたろう

大変なんですね。

 

みどり

ところで、この建物は全部木でできているんですか?

写真:玄関ホールのカラマツレリーフ


宮所長

そうだよ。

この建物は、みんなが生まれる前の昭和63年(1988年)に建てられたんだけど、

この頃、こんなに大きな木の建物はめずらしかったんだ。

 

りんたろう

そうなんだ!

木の建物って、あたたかい感じがして好きだなあ。

 

宮所長

建物だけがセンターじゃないよ。

まわりを見てごらん。

本館前

センターは、大きな森に囲まれていて

その中には、たくさんの植物やいろんな動物が暮らしているんだよ。

 

みどり

どんな動物がいるんですか?

見てみたい!

 

宮所長

じゃぁ、森の中を探検できる道があるから、今度行ってごらん。

どんな動物に出会えたか、また聞かせてね。

 

イラスト:みどりさんイラスト:りんたろう君

はーい。探してみます。

今日はありがとうございました。

 

お問い合わせ

所属課室:長野県林業総合センター 

長野県塩尻市大字片丘字狐久保5739

電話番号:0263-52-0600

ファックス番号:0263-51-1311

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?