ホーム > 長野県林業総合センター > お役立ち情報 > カラマツ林業等研究発表会

ここから本文です。

更新日:2019年1月15日

林業総合センター

カラマツ林業等研究会(終了しました)

 

信州の林業を代表するカラマツを中心に、森林の健全育成から県産材の利用にいたる幅広い分野について、効果的な研究を行いその振興を図るため、信州大学、中部森林管理局など関係機関とともに「カラマツ林業等研究会」を開催しています。

平成30年度のカラマツ林業等研究会は1月9日に開催しました。

当日の発表内容の概要は職員ブログのとおりですが(別ウィンドウで外部サイトが開きます)、詳細については年度末に発行する技術情報で紹介させていただきます。

なお、平成31年度も1月にカラマツ林業等研究会を開催する予定です。

 

平成30年度カラマツ林業等研究会

日時

平成29年1月9日(水曜日)13時~16時10分(受付12時30分~)

場所

長野県林業総合センター大研修室

参集範囲

カラマツ林業等研究会構成機関、林業関係団体、地方事務所、市町村等(180名参加)

日程

13時開会

13時05分~16時00分まで研究等発表

 

発表内容

1:朝日村の木で役場を建てる~カラマツの魅力を感じて、朝日村役場産業振興課 清沢光彦

大規模地震等に対応する防災拠点となる役場を、地元産の木材で建設した。構造躯体には朝日村産のカラマツを集成材として活用し、当所との共同研究でカラマツの強度試験を行う中で、信州型接客重ね梁や厚板パネルなどを適材適所に採用した。

2:主伐後の再造林~保育10年保証制度、南佐久中部森林組合 新津清秀

成熟期を迎え需要が高まっているカラマツを将来にわたって安定的に生産するため、主伐時に得た収益の一部を森林所有者に負担いただき、植栽から除伐までの10年間を森林組合で責任をもって管理するシステムを制度化し、所有者の理解を得て平成28年度から14haの主伐をすすめることができた。

3:環境変動に対するカラマツ光合成の応答予測、信州大学大学院総合理工学研究科森林環境生態学研究室 北川雄一

カラマツの光合成反応を季節ごとに測定して、それぞれの温度におけるカラマツの光合成速度を調べたところ、カラマツの光合成速度は新葉が展開した5月から7月に高く、8~9月で緩やかに低下し、10月に急激な低下をした。さらに大気の乾燥が激しい時には気孔が閉鎖することで光合成が低下していた。

 

4:多様な森林への誘導に向けたモデルりんの取組、中部森林管理局計画課 南坂博和

南木曽支署管内に多く見られるヒノキの人工林を皆伐したあとに、森林の持つ多面的機能を高度に発揮できる多様な森林への誘導に向けたモデル林を設定した。実際に現地検討会を開催することで関係者への理解を深めることができた。

5:JLC(日本伐木チャンピオンシップ)への参加による正確なチェーンソーワーク及び安全動作取得の考察、長野県林業大学校 高山亮介・山嵜正寛

日本伐木チャンピオンシップでは、安全動作、正確性、チェーンソーの操作技術の3点を兼ね備えなければ高得点が期待できない。この選手権で高得点を取るためには、反復練習が欠かせないうえ、安全への徹底的な配慮が必要になることが分かった。単なる技術の向上だけでなく、安全作業をからだで覚えこませるという点でも優れていた。

6:カラマツ心腐病とどう付き合うか?~加害菌の分離からみえてきたこと~、長野県林業総合センター育林部長 西岡泰久

カラマツ林で見かけることが多い心腐病を改めて解析しなおすと、根から入る根株心腐病のほか、枝から入るものもあることがわかった。また、心が腐朽している材木であっても全木すべてが使えないわけではなく、一定の木材が生産できることがわかった。

 

申込み・問合せ先

林業総合センター指導部

電話番号:0263-52-0600(代)

ファクシミリ:0263-51-1311

電子メール:ringyosogo@pref.nagano.lg.jp

参考

毎年、開催されている研究会は、当所が発行する技術情報の中で紹介しています。

なお、当研究会は、平成22年に設立30年を迎えました。

 

カラマツ林業等研究会は、信州カラマツの効果的な研究と推進を図るため、昭和54年(1979年)に設置され、協議、研究を行っています。

 

お問い合わせ

所属課室:長野県林業総合センター 

長野県塩尻市大字片丘字狐久保5739

電話番号:0263-52-0600

ファックス番号:0263-51-1311

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?