ホーム > 社会基盤 > 上下水道・電気 > 電気 > 長野県の公営電気事業 > 長野県の電気事業について > 与田切発電所

ここから本文です。

更新日:2015年4月24日

与田切発電所

発電所の概要

 

 

県営電気事業は、三峰川総合開発をはじめとする河川総合開発の一翼を担って発電所建設を行ってきました。

その後、オイルショックにより、石油代替エネルギーとしての中小水力発電の開発が急務となり、国の施策に沿って発電のみを目的とした与田切発電所を建設しました。


与田切発電所

与田切渓谷

 

表_与田切発電所諸元
所在地 上伊那郡飯島町
形式 水路式
運転開始年月日 (一部)昭和61年4月1日
(全部)昭和61年4月11日
発電所最大出力 6,300kW
最大有効落差 321.32m
最大使用水量 2.40立方メートル/s
水車発電機 1台

お問い合わせ

企業局 

電話番号:026-235-7375

ファックス:026-235-7388

電気事業課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?