ホーム > 社会基盤 > 上下水道・電気 > 電気 > 長野県の公営電気事業 > 長野県の電気事業について > 大鹿発電所

ここから本文です。

更新日:2015年4月24日

大鹿発電所

発電所の概要

大鹿発電所では、大鹿村を流れる小渋川と小河内沢川の2ヶ所で取水した水で発電を行っています。

この発電所は経済産業省(建設当時は通産省)の「余水路省略及び水槽の小規模化等」に関する実証プラントとして、当時の最新技術が導入されて建設されました。


大鹿発電所


御所平取水堰(小河内沢川)

表_大鹿発電所諸元
所在地 下伊那郡大鹿村
形式 水路式
運転開始年月日 (一部)平成2年5月1日
発電所最大出力 10,000kW
最大有効落差 266.4m
最大使用水量 4.50立方メートル/s
水車発電機 1台

お問い合わせ

企業局 

電話番号:026-235-7375

ファックス:026-235-7388

電気事業課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?