ホーム > 社会基盤 > 上下水道・電気 > 電気 > 長野県の公営電気事業 > 長野県の電気事業について > 奥木曽発電所

ここから本文です。

更新日:2019年7月30日

奥木曽発電所

発電所の概要

味噌川ダム(独立行政法人水資源機構)の直下に建設した発電所で、味噌川ダムが行う利水放流を利用して発電を行います。

少ない水を効率よく利用するため、2輪の水車を設置しています。

老朽化した制御機器更新の工事を進め、出力増強による発電量の増加を図ってまいります。


奥木曽発電所


奥木曽発電所発電機(中央)と水車(左右)

表_奥木曽発電所諸元
所在地 木曽郡木祖村
形式 ダム式
運転開始年月日 (一部)平成6年6月1日

(全部)平成7年6月27日

発電所最大出力 5,050kW
最大有効落差 125.12m
最大使用水量 4.7立方メートル/s
水車発電機 1台

味噌川ダム

木曽川流域は水量が豊富のため、古来よりかんがいに広く利用されていますが、季節の雨量が不規則のために干ばつに見舞われたり、逆に大雨によるはんらんを起こし、流域住民は大きな被害を受けていました。

このため、洪水調整、流水の正常な機能の維持と、都市用水の供給を目的として建設されました。


秋の味噌川ダム


味噌川ダムと奥木曽発電所(右下)

表_味噌川ダム諸元
所在地 木曽郡木祖村
ダム管理者 独立行政法人水資源機構
ダム形式 中央しゃ水型ロックフィルダム
竣工年月 平成8年11月
堤高 140.0m
堤頂長 447.0m
常時満水位標高 1,122.50m
計画総貯水量 61,000千立方メートル
計画有効貯水量 55,000千立方メートル

 

お問い合わせ

企業局 

電話番号:026-235-7375

ファックス:026-235-7388

電気事業課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?