ホーム > 社会基盤 > 上下水道・電気 > 電気 > 長野県の公営電気事業 > 長野県の電気事業について > 小渋第1発電所

ここから本文です。

更新日:2015年4月24日

小渋第1発電所

発電所の概要

小渋ダムの直下にあり、昭和44年から運転を開始しています。

発電後の放流水は導水路により、途中天竜川左岸へのかんがい用水へ分水した後、小渋第2発電所へ導水されています。


小渋第1発電所


小渋ダムと小渋第1発電所(右)

表_小渋第1発電所諸元
所在地 下伊那郡松川町
形式 ダム式
運転開始年月日 (一部)昭和44年3月1日

(全部)昭和44年4月19日

発電所最大出力 3,000kW
最大有効落差 46.1m
最大使用水量 8.00立方メートル/s
水車発電機 1台

小渋ダム

 

天竜川・小渋川の治水、天竜左岸一帯の農耕地899haへのかんがい、発電を目的とする国の多目的ダムです。


小渋ダム堤体


小渋ダム全景

表_小渋ダム諸元
所在地 上伊那郡中川村

下伊那郡松川町

ダム管理者 国土交通省
ダム形式 コンクリートアーチ式
竣工年月 昭和44年6月
堤高 105.0m
堤頂長 293.3m
常時満水位標高 613.00m
計画総貯水量 58,000千立方メートル
計画有効貯水量 37,100千立方メートル

 

お問い合わせ

企業局 

電話番号:026-235-7375

ファックス:026-235-7388

電気事業課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?