ホーム > 社会基盤 > 上下水道・電気 > 電気 > 長野県の公営電気事業 > 長野県の電気事業について > 四徳発電所

ここから本文です。

更新日:2015年12月17日

四徳発電所

発電所の概要

小渋川総合開発の一環として、小渋ダムに水没する中川村四徳地籍の農家の移住地である同村南向(みなかた)地区のかんがい事業が計画されました。

この水源を四徳川に求め、取水施設をかんがいと発電の共用とする総合開発として、四徳発電所が建設されました。

四徳川から取水し、約2.6kmの導水トンネルを通し、かんがい用水を分水した後、発電を行っています。

四徳発電所

四徳川取水堰

 

表_四徳発電所諸元
所在地 上伊那郡中川村
形式 水路式
運転開始年月日 昭和39年2月7日
発電所最大出力 1,800kW
最大有効落差 165.0m
最大使用水量 1.37立方メートル/s
水車発電機 1台

お問い合わせ

企業局 

電話番号:026-235-7375

ファックス:026-235-7388

電気事業課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?