ホーム > 県政情報・統計 > 組織・行財政 > 組織・職員 > 長野県の組織一覧(本庁) > 山岳高原観光課紹介 > 30当初予算の要求概要

ここから本文です。

更新日:2017年12月13日

30当初予算の要求概要

平成30年度当初予算の要求概要
(観光部)

1 要求総額

                                      (千円、%)

会計名 30年度要求額
(A)
29年度当初予算額
(B)
差引増減
(A)-(B)
(A)/(B)

一般会計

1,145,042 1,178,029 △32,987 97.2

※今後、国の制度変更等に伴い、予算案の内容が要求時のものと大幅に変わる可能性があります。

 (課別内訳)

                                            (千円、%)

課名

30年度

要求額(A)

29年度当初

予算額(B)

差引増減
(A)-(B)
(A)/(B) 問合せ先
山岳高原観光課 824,396 791,071 33,325 104.2

FAX 026-235-7257

メール mt-tourism@pref.nagano.lg.jp

【信州ブランド推進室】

FAX 026-235-7257

メール brand@pref.nagano.lg.jp

観光誘客課 320,646 386,958 △66,312 82.9 FAX 026-235-7257
メール kankoshin@pref.nagano.lg.jp
【国際観光推進室】
FAX 026-235-7257
メール go-nagano@pref.nagano.lg.jp

2 要求のポイント

 

 県内の宿泊者数が減少傾向にある中、豊富な地域資源を活かし、暮らす人も訪れる人も皆が「しあわせ」を感じる観光地域づくりを進め、交流人口の拡大と観光産業の振興を図る必要があります。                                

 このため観光部では、地域の経済が観光を軸として持続的に発展し、地域の魅力が人を呼び込む「世界を魅了するしあわせ観光地域づくり」の実現に向けて、「次期総合5か年計画」の方向性を踏まえ、以下の施策に重点的に取り組みます。                           

 ◆しあわせを感じる観光地域づくりの推進
 1 稼ぐ観光地域づくりの基盤づくり

  ・ 旅行者の行動にフォーカスし、ストーリー性豊かな観光地域づくりを進め、推進体制構築と人材育成を合わせ、トータルに「稼ぐ」基盤づくりを推進します。

 2 信州観光ブランドの形成・確立と発信力強化
  ・ 信州の強みを活かし、世界から選ばれる観光ブランドを形成するため、ストーリー性豊かな魅力的な旅の提供と先進的な情報発信に取り組みます。

   ・ 推進組織の強化を図り、スポーツ合宿やロケ地の誘致等による観光誘客を推進します。

 3 日本をリードする安全登山推進県の確立

   ・ 安全登山のための総合的な条例を日本で初めて制定した県として、情報発信と山岳遭難防止活動を強化します。

 ◆各地域の観光推進事業体の形成と確立
  ・ 観光地域づくりの推進体制を構築するため、県DMO(県観光機構)の機能強化を図るとともに、「地域DMO連携創造センター(仮称)」を設置し、地域DMOの設立、運営を支援します。

  ・ 観光地域づくりの中核となる人材の育成に取り組みます。

 ◆世界級リゾートとしてのインバウンド戦略の確立
  ・ 県DMO(県観光機構)を中心として、マーケティングに基づく戦略的な誘客プロモーションを展開するとともに、「インバウンド支援センター(仮称)」を設置し、県内観光事業者の外国人旅行者の受入れ体制拡大を支援します。  

3 事 業 体 系(PDF:106KB)

4 主要事業一覧(PDF:245KB)

5 事業改善シート こちらをご覧ください。 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

観光部山岳高原観光課

電話番号:026-235-7250

ファックス:026-235-7257

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?