ホーム > 県政情報・統計 > 組織・行財政 > 組織・職員 > 長野県の組織一覧(本庁) > 山岳高原観光課紹介 > 27当初予算(案)(観光部)

ここから本文です。

更新日:2015年1月27日

27当初予算(案)(観光部)

平成 27年度当初予算(案)の概要
(観光部)

1 予算総額

                                                                (単位:千円、%)

会計名 27年度予算額(案)
(A)
26年度当初予算額
(B)
差引増減
(A)-(B)
(A)/(B)

一般会計

(当初予算・補正予算の計)

1,174,658 1,721,060 △546,402 68.3
  当初予算 960,501

1,721,060

△760,559 55.8
2月補正予算(経済対策)

214,157

  214,157  

 (課別内訳)                                           (単位:千円、%)

課  名 27年度予算額(案)
(A)
26年度当初予算額
(B)
差引増減
(A)-(B)
(A)/(B)
山岳高原観光課 839,022 1,157,861 △318,839 72.5

観光誘客課

(当初予算・補正予算の計)

335,636 563,199 △227,563 59.6
  当初予算 121,479 563,199 △441,720 21.6
2月補正予算(経済対策) 214,157   214,157  

2 予算案のポイント

 

 長野県を訪れる旅行者数及び観光消費額は2年連続で増加しており、平成25年に県内に宿泊した外国人数が過去最高を記録するなど、長期的な減少傾向からの反転の兆しが見られます。
 また、本年3月の北陸新幹線(長野経由)金沢延伸開業により増加する首都圏、北陸地域、関西圏からの旅客を積極的に取り込むとともに、本年4月の善光寺御開帳や、28年1月放送開始の大河ドラマ「真田丸」の効果を県下に広く波及させる取り組みが求められています。
  このため、平成27年度は、しあわせ信州創造プラン及び長野県観光振興基本計画[2013~2017]の方向性を踏まえ、以下の施策に重点的に取り組みます。
  ◆選ばれる観光地づくり
  ◆国内外からの誘客の促進
  ◆信州ブランドの確立
 事業の実施に当たっては、国、市町村、民間団体と十分に連携を図り、以下に示すように関係部局と一体となって、効果的な施策展開を図ってまいります。
  ・戦略的な外国人旅行者の誘致推進事業における受入環境整備や、観光と食、文化、産業など各分野の
   魅力を組み合わせた総合的な海外プロモーションの実施(企画振興部・県民文化部・産業労働部・農政部)
  ・銀座NAGANOを活用した情報発信や商談会の開催(各部局)
  ・信州マーケティング戦略担当部長を中心とした、分野横断的なマーケティング活動(産業労働部・農政部・
   林務部)

3 事 業 体 系(PDF:51KB)

4 主要事業一覧(PDF:157KB)

5 事業改善シート 当初予算 2月補正予算(経済対策)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

観光部山岳高原観光課

電話番号:026-235-7250

ファックス:026-235-7257

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?