ホーム > 暮らし・環境 > 動物愛護 > 動物愛護 > 動物取扱業の登録制

ここから本文です。

更新日:2018年1月10日

動物取扱業の登録制

動物取扱業を営む者は、事業所・業種ごとに知事の登録を受ける必要があり、また、動物の管理の方法や飼養施設の規模や構造などの基準を守ることが義務づけられています。
動物(ほ乳類、鳥類及びは虫類)の販売、保管、貸出し、訓練、展示、競りあっせん、譲受飼養を業とする者は、保健福祉事務所(保健所)へ登録申請をしてください。

また、「動物の愛護及び管理に関する法律の一部を改正する法律(法律第79号・平成24年9月5日)が公布され、平成25年9月1日から施行されました。
内容は環境省のホームページでご確認ください。

申請・届出等手続一覧▲▼▲

第一種動物取扱業の登録申請・登録更新

犬猫等健康安全計画(様式1別記2)

犬猫等販売業届(附則様式・様式6の2)

第一種動物取扱業登録証再交付

第一種動物取扱業変更届

廃業等届出

第二種動物取扱業の届出制度

動物の譲渡活動を行うシェルターなどのように、営利性がなく、施設を有して一定数の動物を飼養する場合には、第二種動物取扱業として届出が必要

 

詳しくは、飼養施設を管轄する保健福祉事務所(保健所)までお問い合わせください。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康福祉部食品・生活衛生課

電話番号:026-235-7154

ファックス:026-232-7288

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?