ホーム > 上田地域振興局 > 管内情報 > 各課等業務のご案内 > 環境課 > 各種手続きのご案内(環境課)

ここから本文です。

更新日:2018年3月25日

上田地域振興局

 各種手続きのご案内

 環境課所管の主な手続きについて、その概要及び県庁各課の詳細ページへのリンクを掲載しています。

  1. 廃棄物 使用済自動車 PCB
  2. 水質 大気質 土壌
  3. 水道・浄化槽
  4. 自然保護・自然公園

 1 廃棄物

(1)処理業者・排出事業者の皆様へ

許可申請・届出等の手引

 収運(収集運搬業)

 処分業

 一般廃棄物

2019年度「産業廃棄物又は特別管理産業廃棄物処理業の許可申請に関する講習会(新規・更新)」及び「特別管産業廃棄物管理責任者に関する講習会」の開催について(外部サイト)

 業の許可申請にあたって、講習会修了証が必須の添付書類になります。特に更新許可にあっては、許可期限に間に合うよう余裕を持って受講(・修了試験合格)してください。

1 講習会の種類及び長野県内開催期日

  新規 更新
産業廃棄物処分業

2019年12月17日(火曜日)~20日(金曜日)

2019年5月30日(木曜日)~31日(金曜日)

産業廃棄物収集運搬業

2019年7月4日(木曜日)~5日(金曜日)

(1)2019年6月13日(木曜日)

(2)2019年10月25日(金曜日)

特別管理産業廃棄物管理責任者

(1)2019年6月12日(水曜日)  / (2)2019年10月24日(木曜日)

2 講習会場
長野バスターミナル会館(住所:長野市大字中御所字岡田178-2、電話:026-228-1156)(外部サイト)

3 申込先
(一社)長野県資源循環保全協会(電話:026-224-9192)(外部サイト)

 

不法投棄やめよう!

報告の義務

 産業廃棄物管理票(マニフェスト)を交付した者は、廃棄物の処理及び清掃に関する法律第12条の3第7項の規定により、交付した産業廃棄物管理票(マニフェスト)に関する報告書を作成し、都道府県等に提出する必要があります。

 

 廃棄物処理業者は、廃棄物の適正な処理の確保に関する条例第54条に基づき、産業廃棄物の保管、収集、運搬又は処分について、産業廃棄物処理施設の設置者は産業廃棄物の処分及び当該産業廃棄物処理施設の状況について報告する必要があります。

(2)使用済自動車を取り扱われる皆様へ

 使用済自動車を取り扱うためには、自動車リサイクル法に基づく登録・許可が必要です。

 登録・許可を受けた事業者以外は、使用済自動車の引取、フロン類の回収、解体、破砕・圧縮・せん断の業務を行うことはできません。

申請・届出等の手引

 (3)PCB廃棄物を保管される皆様へ

届出の義務

 毎年度、前年度におけるPCB廃棄物の保管等の状況について、当該年度の6月30日までに県知事(長野市内の事業場の場合は長野市長)あてに届出を行う必要があります。

(4)その他

 廃棄物について、その他の手続きは長野県環境部資源循環推進課のページをご覧ください。

(冒頭へ戻る。)


 2 水・大気・土壌

 (1)特定施設等を設置される皆様へ(水質)

届出の義務

  • 水質汚濁防止法に基づく特定施設等の届出について

 特定施設、有害物質使用特定施設又は有害物質貯蔵指定施設を設置しようとするときは、工事着手の60日前までに届出が必要です。(施設の所在地が長野市又は松本市の場合は、それぞれの市へ届け出てください。)

 (2)ばい煙発生施設等を設置される皆様へ(大気質)

届出の義務

 ばい煙発生施設、揮発性有機化合物排出施設、一般・特定粉じん発生施設等を設置しようとする場合、工事着手予定日の60日以上前まで(一般粉じん発生施設、粉じん発生施設については、工事着手予定日まで)に届出が必要です。

 (3)土地の形質変更を伴う工事をされる皆様へ(土壌)

届出の義務

 3,000平方メートル以上の土地の形質変更を行おうとする者は、着手の30日前までに県(上田地域振興局)へ事前届出の必要があります。

(4)その他

 水・大気・土壌について、その他の手続きは長野県環境部水大気環境課のページをご覧ください。

(冒頭へ戻る。)


 3 水道・浄化槽

(1)浄化槽の設置をされる皆様へ

 浄化槽を設置するとき、浄化槽を使い始めるとき、既存の浄化槽の構造・規模の変更をしようとするときは、浄化槽法に基づき市町村長等へ届出が必要です。各市町村浄化槽担当課へ、お問い合わせ・ご相談してください。

長野県環境部生活排水課のページをご覧ください。

(2)浄化槽を使用している皆様へ

 浄化槽は、保守点検と清掃を定期的に行って機能する装置になります。浄化槽法第10条により、法定検査、保守点検と清掃が義務付けられています。保守点検は、技術上の基準に従わなければいけません。有資格者のいる浄化槽保守点検業者に、保守点検を依頼して適正に使用をしましょう。

長野県環境部生活排水課のページをご覧ください。

(3)浄化槽保守点検業を営む皆様へ

 浄化槽の保守点検業を営むとき、登録の有効期限(5年間)の満了の前、登録内容を変更するときや廃業するときは、浄化槽法に基づき県(上田地域振興局)へ届出が必要です。

浄化槽保守点検業関係様式

(4)県知事認可の水道事業者の皆様へ

 水道(水道用水供給)事業の経営認可、経営変更認可、経営変更、経営休止(廃止)許可、経営廃止の場合、また給水開始、水道料金の変更、水道技術管理者の異動、業務委託を開始や廃止をする場合などに届出が必要になります。

水道法関係様式(上水道・簡易水道・用水供給事業)

(5)小規模水道(簡易専用水道・準簡易専用水道)を設置・管理している皆様へ

 簡易専用水道とは、水道事業からの水道水のみを受水し、有効容量が10立方メートルを超える貯水槽を持つもので、準簡易専用水道とは、飲料水供給施設や簡易給水施設等の水道水のみを受水する貯水槽を持つもの又は、水道事業からの水道水のみを受水し、有効容量が10立方メートル以下の貯水槽を持つものになります。(飲用井戸等の自己水源が入っているものは、該当しません。)

 長和村と青木村において、上記の受水槽(貯水槽)を設置するとき、管理責任者等を変更するとき、廃止するときは、県(上田地域振興局)へ届出が必要となります。上田市と東御市に設置するときは、各市小規模水道担当課へお問い合わせ・ご相談ください。

小規模水道維持管理指導要綱様式

(6)その他

浄化槽に関して・・・長野県環境部生活排水課のページをご覧ください。

水道に関して・・・長野県環境部水大気環境課のページをご覧ください。

(冒頭へ戻る。)

 


 

 4 自然保護・自然公園

(1)国立(国定)公園や郷土環境保全地域等で工事等をされる皆様へ

 自然公園等では、景観や動植物の生息・生育環境を保全するため、一定の行為が制限されています。

 申請・届出

四阿山(菅平)(四阿山)

 

(2)希少野生動植物の捕獲、採取等をされる皆様へ

  • 長野県の希少野生動植物の保護対策について

 長野県希少野生動植物保護条例により、指定希少野生動植物及び特別指定希少野生動植物は、捕獲、採取、殺傷又は損傷等が規制されています。

(3)その他

 自然保護・自然公園について、その他の手続きは長野県環境部自然保護課のページをご覧ください。

(冒頭へ戻る。)

お問い合わせ

所属課室:長野県上田地域振興局環境課

長野県上田市材木町1-2-6

電話番号:0268-25-7134

ファックス番号:0268-25-7167

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?