ホーム > 社会基盤 > 河川 > 河川計画 > 長野県内の降雨強度式について

ここから本文です。

更新日:2016年4月14日

長野県内の降雨強度式について【平成18年4月1日改訂】

1.改訂の経緯【平成18年4月1日改訂】

 長野県では、昭和50年より、県内河川の高水流量を求める際の基礎資料として、県内の雨量観測所における降雨データを解析し、長野県内のそれぞれの領域に適用する降雨強度式を定めています。この降雨強度式は、これまでに、およそ10年経過ごと(昭和50年、昭和60年、平成8年)に、最新の雨量資料を収集追加し、近年の降雨状況に対応出来るよう改訂を実施してきました。

 平成18年度が定期改訂の年度にあたるため、平成17年3月までの年間の雨量資料を収集追加して、全面改訂を実施しました。

 

2.適用範囲

適用範囲は、下記のとおりです。

  1. 上流にダム等の洪水調節計画がなく、流域面積が概ね200k平方メートル未満、かつ洪水到達時間が概ね2時間以内の河川計画
  2. 防災調節(整)池の容量計算
  3. その他、県内の市町村等から「長野県内の降雨強度式」の使用を条件に求められた流量計算など

 

3.適用年月日

平成18年4月1日から適用。旧基準のため、利用にあたってはご注意ください。

 

4.降雨強度式及び領域分割

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

建設部河川課

電話番号:026-235-7308

ファックス:026-225-7069

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?