ホーム > 長野県林業総合センター > お役立ち情報 > 育林部のしごと

ここから本文です。

更新日:2018年9月13日

林業総合センター

キッズコーナー
育林部のしごと

イラスト:みどりさんイラスト:りんたろう君

こんにちは。みどり&りんたろうです。
今日は育林部のお話を聞きに来ました。よろしくお願いします!

 

nisioka
こんにちは。育林部長の西岡です。
それでは、育林部のしごとについて説明しましょう。
育林部では、「森林づくり」に関する研究をしています。
例えば、より良い材質の木材をたくさん作るためには、どのような森林づくりをすれば良いのか?病気や害虫・獣による被害、雪害や台風などの気象災害などから森林を守るためにはどうしたら良いか?土砂崩れや洪水などの自然災害からみんなの暮らしを守るためには、どのような森林づくりをすれば良いか?などいろいろな課題について研究しています。
それぞれの研究のくわしい内容については、後で研究員に聞いてみてください。

 

みどりさん

 

写真:育林部の部屋の様子

いつもの育林部の部屋

いろいろなことを研究しているのですね。
ところで、この部屋には西岡部長さん以外には誰もいませんね。ほかの皆さんはどうしたのですか?

 

nisioka
育林部には、私のほかに4人の研究員がいて、それぞれの専門分野を研究しています。でも、昼の間は出張していて留守にしていることが多いです。
フィールドワークと言って、野外に出て試料やデータの収集をしているのですよ。
夕方にはほかの研究員も帰ってきますから、それまで私が構内の試験林を案内しましょう。林業総合センターには約43ヘクタールの敷地があって、ここの林の中でも、研究員たちがいろいろな実験や調査をしています。

 

 

りんたろう君
いろいろな木が植えられていますね。
あの白く線が引いてある木は何ですか?

写真:白いラインのある木

白いラインのある木


nisioka
胸高直径(きょうこうちょっけい)といって、地面から決まった高さで幹の直径を測っているのです。みなさんが学校で行う身体測定と同じで、定期的に同じ位置の直径を測ることで、樹木がどのように成長しているか知をることができるんですよ。

 

みどりさん
木にも身体測定があるんですね。

 

りんたろう君
あれぇ、こっちには青いネットが張ってありますが、何か動物を飼っているんですか?

 

写真:青いネットがはってあるところ

青いネットをはってあるところ


nisioka
あれはシカ柵(さく)といって、植えた木の苗がシカに食べられないように守っているんですよ。
最近はこの辺りもシカが増えてきて、林業総合センターの中にも毎日のように現れているようです。

 

りんたろう君
シカが入らないように柵をしていたんだぁ。てっきり何かを飼っているのかと思ったのに。


みどりさん
シカってかわいいですよね。

 

nisioka

見た目はかわいいけれど、最近は増えすぎてしまって、木の芽や皮、それから農作物を食べてしまうなど、大きな被害を与えて困っているんですよ。
さて、もうそろそろほかの研究員が帰ってくるころだと思うから、順番に話を聞いてみてください。

 

イラスト:みどりさんイラスト:りんたろう君

はい、わかりました。どうもありがとうございました。

お問い合わせ

所属課室:長野県林業総合センター 

長野県塩尻市大字片丘字狐久保5739

電話番号:0263-52-0600

ファックス番号:0263-51-1311

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?