ホーム > 仕事・産業・観光 > 商工業 > 『長野県プラス補助金(第2弾)』(中小企業経営構造転換促進事業補助金:第2弾)

ここから本文です。

更新日:2022年10月17日

『長野県プラス補助金(第2弾)』(中小企業経営構造転換促進事業補助金:第2弾)

【第2弾】令和4年度から補助事業を開始した事業者向け

<更新情報>
 令和4年3月17日:申請受付要項、申請書類等を公開しました。

 令和4年7月1日:申請受付要項等を一部改正しました。
 ※新たに、事業再構築補助金「グリーン成長枠」、「原油価格・物価高騰等緊急対策枠」及びものづくり・商業・サービス補助金「グリーン枠」が長野県プラス補助金(第2弾)の対象となりました。また、対象公募回を拡充しました。

 令和4年10月17日:交付申請の期限を令和6年2月15日までに延長しました。 

事業概要

 コロナ禍において、引き続き業況が厳しい中小企業の持続可能な経営形態への転換を促進し、ニューノーマルな社会変化への対応や競争力強化への取組を支援するため、予算の範囲内で、『長野県プラス補助金(第2弾)』(中小企業経営構造転換促進事業補助金:第2弾)(以下「補助金」という。)を交付します。
 この補助金は、国が令和3年度補正予算及び令和4年予備費予算で実施する中小企業等事業再構築促進事業(中小企業:最低賃金枠、回復・再生応援枠、グリーン成長枠、原油価格・物価高騰等緊急対策枠及び通常枠)、中小企業生産性革命推進事業(ものづくり・商業・サービス補助金のうち回復型賃上げ・雇用拡大枠及びグリーン枠)の交付決定を受け、事業を実施する県内中小企業が対象となります。

補助対象者

 中小企業経営構造転換促進事業補助金(第2弾)交付要綱に基づき、国補助金の交付決定を受け事業を実施する県内中小企業(県内に本社所在地[個人事業者の場合は住民票に記載の住所]を有する事業者)が対象です。ただし、本補助金の交付を受けるためには、国補助金の交付決定を受けた後、事業計画を県に提出し、補助事業の確認を受ける必要があります。
   <中小企業等事業再構築促進事業(国補助金)>
  https://www.meti.go.jp/covid-19/jigyo_saikoutiku/index.html(別ウィンドウで外部サイトが開きます)
 <中小企業生産性革命推進事業(国補助金)>
  https://seisansei.smrj.go.jp/(別ウィンドウで外部サイトが開きます)

補助額

①事業再構築補助金(国)の拡充(第6回公募から第8回公募)
「最低賃金枠」、「回復・再生応援枠」(中小企業)
 補助率:8/10(国1/2、県1/20
 上限額:1,600万円(国1,500万円、県100万円)【従業員数21人以上】
     1,067万円(国1,000万円、県  67万円)【従業員数6~20人】
      534万円(国  500万円、県  34万円)【従業員数5人以下】

「グリーン成長枠」(中小企業)
 補助率:6/10(国1/2、県1/10)
 上限額:10,500万円(国10,000万円、500万円)

「原油価格・物価高騰等緊急対策枠」(中小企業)
 補助率:8/10(国3/4 [従業員数に応じ、500、1,000、1,500万円超は2/3]、県1/20)
 上限額:4,288万円(国4,000万円、県288万円)【従業員数51人以上】
     3,213万円(国3,000万円、県213万円)【従業員数21~50人】
     2,142万円(国2,000万円、県142万円)【従業員数6~20人】
     1,071万円(国 1,000万円、県  71万円)【従業員数5人以下】

「通常枠」(中小企業)
 補助率:最大3/4(国2/3[補助金6,000万円超は1/2]、県1/12
 上限額:最大 8,100万円(国最大 8,000万円、県100万円
 

②ものづくり・商業・サービス補助金(国)の拡充(10次締切から第12時締切)
「回復型賃上げ・雇用拡大枠」
 補助率:3/4(国2/3、県1/12
 上限額:1,407万円(国1,250万円、県157万円)【従業員数21人以上】
     1,125万円(国1,000万円、県125万円)【従業員数6~20人】
      844万円(国  750万円、県  94万円)【従業員数5人以下】

「グリーン枠」
 補助率:3/4(国2/3、県1/12)
 上限額:2,250万円(国2,000万円、県250万円)【従業員数21人以上】
     1,688万円(国1,500万円、県188万円)【従業員数6~20人】
     1,125万円(国1,000万円、県125万円)【従業員数5人以下】

  ※県内に本社所在地(個人事業者の場合は住民票に記載の住所)を有する事業者が対象
  ※本補助金の交付を受けるためには、国補助金の交付決定を受けた後、事業計画を県に提出し、補助事業の確認を受ける必要があります。

申請手続き等について

 申請にあたっては、「長野県プラス補助金(第2弾)」申請受付要項をご確認ください。なお、中小企業経営構造転換促進事業補助金(第2弾)交付要綱に基づき、事業計画の提出、交付申請兼実績報告、精算払いの請求が必要となります。

scheme
 

申請期間 ※予算額の上限に達し次第、受付終了となる場合があります。

<令和4年度中に交付申請を行う方>
令和4年4月1日(金)から令和5年2月15日(水)まで(※2月15日(水)消印有効)

<令和5年度中に交付申請を行う方>
令和5年4月3日(月)から令和6年2月15日(木)まで(※2月15日(木)消印有効)

 

申請方法

申請書類(紙提出の場合は2部)を産業・雇用 総合サポートセンター(地域振興局 商工観光課)に電子メール、郵送・持参にて提出してください。なお、郵送による提出の場合は、簡易書留など郵便物の追跡ができる方法でお願いします。

 

申請書類(紙提出の場合は2部)

申請に必要な書類等は以下のとおりです。(提出いただいた申請書類の返却はいたしません)
なお、必要に応じて追加書類の提出や説明を求めることがあります。
※ 必要書類の提出が無い場合は、交付できません。 

 
申請段階 書類名  

事業計画の

提出

補助金事業計画書(PDF:80KB)

補助金事業計画書(ワード:19KB)

(記載例)補助金事業計画書(PDF:70KB)

<添付資料>
①実施計画書(国補助金の交付決定通知書及び事業計画等の写し)
②会社概要(会社案内、パンフレット等)

(様式1号)

交付申請兼

実績報告

補助金交付申請書(PDF:77KB)

補助金交付申請書(ワード:20KB)

(記載例)補助金交付申請書(PDF:67KB)

<添付資料>
①補助事業実績調書(国補助金の額の確定通知書及び実績報告書等の写し)
②交付要綱第5に規定する補助事業の確認を受けたことを証する書類(写し可)

(様式2号)

精算払いの

請求

補助金精算払請求書(PDF:76KB)

補助金精算払請求書(ワード:19KB)

(記載例)補助金精算払請求書(PDF:67KB)

(様式4号)

中小企業経営構造転換促進事業補助金(第2弾)交付要綱(PDF:107KB)交付要綱(様式)(PDF:141KB)
「長野県プラス補助金(第2弾)」申請受付要項(PDF:233KB)

お問い合わせ先

産業・雇用 総合サポートセンター(地域振興局 商工観光課)(PDF:142KB)
 ■補助金の申請に関すること「長野県プラス補助金」受付担当

 受付時間:午前9時~午後5時(平日のみ)

よくあるご質問(令和4年10月17日時点)(PDF:152KB)

<事前相談>
産業・雇用 総合サポートセンター(地域振興局 商工観光課)において事前相談(説明会・相談会等)を受け付けしております。
国補助金の応募を検討されている事業者の皆様は、事前相談をご活用ください。

 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

産業・雇用 総合サポートセンター(地域振興局 商工観光課)
■補助金の申請に関すること「長野県プラス補助金」受付担当
受付時間:午前9時~午後5時(平日のみ)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?