ホーム > 暮らし・環境 > 県税・証紙 > 県税のあらまし > 県税について > 自動車税(種別割)について > 納税確認の電子化について

ここから本文です。

更新日:2019年10月1日

自動車税(種別割)納税確認の電子化について

平成27年12月から車検時における納税証明書の提示が省略できるようになりました

 平成27年12月1日から長野県と国土交通省(運輸支局等)との間で、自動車税(種別割の)納付確認を電子的に行う仕組み(自動車税納付確認システム)が構築されました。

 これにより、自動車の車検を受ける際に、納税証明書の提示を省略できるようになりました。 

→納付確認電子化の詳細についてのチラシ(PDF:1,270KB)はこちら。

 

【注意事項】  次の場合は、これまでと同様に納税証明書が必要になります。

 1 自動車税(種別割)の納付後、すぐに車検を受ける場合

運輸支局等で納税確認ができるまで、納付日から最短で5日、最長で3週間程度かかります。

この期間内に車検を受ける場合は、納税通知書に添付されている納税証明書又は県税事務所で交付を受けた納税証明書を提示してください。

 2 軽自動車、小型二輪自動車の車検を受ける場合

 管轄の市町村長が発行する納税証明書を提示してださい。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

総務部税務課

電話番号:026-235-7051

ファックス:026-235-7081

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?