ホーム > 県政情報・統計 > 入札・調達 > 積算基準・施工単価 > 森林土木事業における積算基準

ここから本文です。

更新日:2022年11月22日

 

森林土木事業における積算基準

お知らせn

 

令和4年9月30日 林務部における令和4年度積算基準の改定は、起工起案日が令和4年10月1日以降の案件から適用します。なお、森林土木事業機械損料単価表は令和4年10月1日適用です。また、週休2日工事の実施要領は長野県建設部に準じます。  

令和4年10月18日解析等調査業務の補正係数に係る端数処理ついて(PDF:112KB)

令和4年9月1日工事請負契約書第26条第5項(単品スライド条項)運用マニュアル(案)【長野県林務部版】(PDF:2,274KB)

 令和4年4月18日 工事価格に占める法定福利費の割合について(PDF:193KB)

 令和4年4月25日 森林整備保全整備事業標準歩掛等の一部改正について(PDF:331KB)

令和3年11月15日 施工個所が点在する工事の積算方法の留意点について(林務部)(PDF:1,625KB)

令和2年8月6日 新型コロナウイルス対策に伴う熱中症予防に向けた運用について(林務部)(PDF:113KB)

令和元年7月26日 熱中症対策に資する現場管理費率の補正の試行について(林務部)(PDF:155KB)

 平成30年9月20日(最終改定:令和3年9月27日) 

   週休2日における間接工事費の補正について(林務部)(PDF:162KB) 

 平成30年8月3日 調査、測量、設計及び計画業務の印刷製本費の計上方法について(PDF:51KB)
 平成30年7月12日 調査、測量、設計及び計画業務の積算に伴う端数処理について(PDF:86KB) 
 平成30年7月3日 測量業務の旅費交通費の積算について(PDF:48KB) 
 平成30年6月21日 電子成果品作成費の留意事項について(PDF:47KB)
 平成30年4月23日 肥料木の植栽歩掛の考え方について(PDF:53KB) 

 平成21年2月12日 森林整備保全事業の請負工事における工事工種の体系について(PDF:1,091KB)

治山事業設計指針の一部改正について

「治山事業設計指針」について一部改定し令和4年10月1日から適用します。n

 

基準書の一部改正について

「治山事業(森林整備)設計標準歩掛」について一部改正し令和4年10月1日から適用します。n

 (参考)「治山事業(森林整備)設計標準歩掛」令和3年6月1日一部改正

「令和4年版治山林道必携(積算・施工編)」「令和4年版治山林道必携(調査・測量・設計編)」について、起工起案日が令和4年10月1日以降の案件から適用します。

 

1.基準書n

長野県林務部で採用している主な積算基準については以下のとおりです。

1)起工起案日が令和4年10月1日以降の案件については下表のとおりです。n

適用する基準書

適用日

令和4年版治山林道必携(積算・施工編)

令和4年10月1日

治山事業(森林整備)設計標準歩掛

平成11年11月1日
(最終改定:令和4年10月1日)

治山事業(森林整備)調査等歩掛

 平成27年10月1日

令和4年版治山林道必携(調査・測量・設計編)※

※「調査、測量、設計及び計画業務旅費交通費積算要領の制定について」を除く。

※森林整備調査等歩掛については、現行どおりとします。

令和4年10月1日

 長野県調査、測量、設計及び計画業務旅費交通費積算要領

平成29年11月1日

森林土木事業機械損料単価表※

※施工パッケージ型積算方式については、建設部機械損料を適用します。

令和4年10月1日

 

2)起工起案日が令和3年11月1日~令和4年9月30日の案件については下表のとおりです。

適用する基準書

適用日

令和3年版治山林道必携(積算・施工編)

令和3年11月1日

治山事業(森林整備)設計標準歩掛

平成11年11月1日
(最終改定:令和3年6月1日)

治山事業(森林整備)調査等歩掛

 平成27年10月1日

令和3年版治山林道必携(調査・測量・設計編)※

※「調査、測量、設計及び計画業務旅費交通費積算要領の制定について」を除く。

※森林整備調査等歩掛については、現行どおりとします。

令和3年11月1日

 長野県調査、測量、設計及び計画業務旅費交通費積算要領

平成29年11月1日

林業土木事業機械損料単価表※

※施工パッケージ型積算方式については、建設部機械損料を適用します。

令和2年10月1日

注)案件により上表以外の積算基準を適用している場合もありますので、公告されている設計図書類を必ずご確認ください。

2.施工パッケージ型積算方式についてn

 長野県林務部では、平成29年11月1日以降に入札公告を行う工事より施工パッケージ型積算方式を導入しています。

適用する基準及び標準単価表n

施工パッケージ型積算方式代表機労材規格等

施工パッケージ単価計算書

関連リンク

施工パッケージ型積算方式に用いる単価の留意点

  • 物価資料掲載単価を用いて基準単価を算定する場合における端数処理の考え方については、従来の建設資材等の刊行物単価の決定方法と同じです。
  • 舗装切断工において使用する地区単価(対象となる規格・名称ブレード(コンクリートカッタ))の規格には、自走式と手動式があります。県では径12インチ(30cm)、14インチ(35cm)、16インチ(40cm)については手動式を標準とし、径22インチ以上は自走式を標準としています。基準単価(東京単価)の規格は全て自走式です。

3.単価

 公表単価については、「長野県建設工事等設計単価表」をご覧ください。

林業土木事業機械損料単価表

 林業土木事業機械損料単価表について、令和2年10月1日適用で改定します。

4.公表

行政情報センター(県庁)、行政情報コーナー(各合同庁舎)、県立図書館において閲覧可能です。

5.公表内容の転載等

公表資料の全部または一部を複写して、第三者に販売することは禁止します。

 

▲このページのトップへ

 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

林務部森林政策課

電話番号:026-235-7265

ファックス:026-234-0330

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?