ホーム > 県政情報・統計 > 組織・行財政 > 組織・職員 > 長野県の組織一覧(本庁) > 技術管理室紹介 > 溶融スラグの利用基準について

ここから本文です。

更新日:2019年3月10日

溶融スラグの利用基準について

溶融スラグの利用基準

 溶融スラグ骨材とは、ごみ中間処理場などにおいて、一般廃棄物等の焼却灰を1200°C以上の高温で溶融し、冷却固化して製造した溶融固化物です。環境省では再生利用の促進を図るため有効かつ適正な利用を推進することとしています。

 長野県建設部が施工する土木工事に適用する溶融スラグの利用基準を定めました(平成31年4月1日から適用)

 溶融スラグの利用基準(PDF:126KB)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

建設部建設政策課技術管理室

電話番号:026-235-7312

ファックス:026-235-7482

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

  • 長野県公式観光サイト ゴーナガノ あなたらしい旅に、トリップアイデアを
  • しあわせ信州(信州ブランド推進室)