ホーム > 仕事・産業・観光 > 農業 > 畜産 > 家畜人工授精師養成講習会

ここから本文です。

更新日:2019年4月26日

家畜人工授精師(家畜人工授精(AI):牛)養成講習会

 家畜改良増殖法(昭和25年法律第209号)第16条第2項の規定により、家畜人工授精師養成講習会(家畜人工授精師:牛)を次のとおり開催します。受講案内(PDF:196KB)

  平成30年度の講習会は終了しました。

講習会概要

  1. 家畜の種類:牛
  2. 開催期間:平成30年8月20日(月)から同年9月19日(水)まで(土日・祝日休講)
  3. 開催場所:長野県畜産試験場(長野県塩尻市片丘10931-1)
  4. 定員:20名以内(受講希望者が定員を上回った場合、長野県内の受講希望者を優先)
  5. 受講料:50,000円
  6. 講習科目:下表のとおり

受講科目一覧表

 

  科目 受講時間

学科

一般科目

畜産概論、家畜の栄養、家畜の飼養管理、

家畜の育種、関係法規

20時間

学科

専門科目

生殖器解剖、繁殖生理(神経・内分泌及び雌生殖生理)、精子生理(雄繁殖生理)、

種付けの理論(妊娠と分娩)、人工授精

46時間
実習

家畜の飼養管理、家畜の審査、生殖器解剖、

発情鑑定、精液精子検査法、人工授精

74時間

受講手続き

 受講希望者は、必要書類を住所地を管轄する県地域振興局農政課に提出してください。

1 必要書類

  1. 受講申請書受講申請書様式(PDF:68KB)
  2. 所属長等の推薦書(様式任意)
  3. 講習及び修業試験の免除申請書(該当者のみ)免除申請書様式(PDF:73KB)
  4. 略歴書略歴書様式(PDF:61KB)
  5. 連絡先等記入用紙記入用紙(PDF:83KB)

2 受講申請期間

 平成30年6月18日(月)~同年7月20日(金)※期間内に地域振興局農政課必着

3 申請後の手続き

 提出書類を確認後、受講証受講料の納付書を送付しますので、期限までに受講料(50,000円)を納付してください。

その他

  • テキストは、一括購入か各自での購入を選べますので、必要書類の5.の「連絡先等記入用紙」に希望する購入方法を記入して提出してください。(テキスト代は実費となります)
  • 畜産試験場内には宿泊できません。宿泊が必要な場合は、各自で手配してください。

平成30年度 学科試験問題

1 家畜の育種 総論(PDF:48KB) 乳用牛(PDF:58KB) 肉用牛(PDF:61KB)

2 家畜の栄養 家畜の栄養(PDF:77KB)

3 家畜の飼養管理 飼養管理(PDF:77KB)

4 人工授精 総論(PDF:47KB) 精液の注入(PDF:28KB) 精子検査(PDF:45KB)

5 繁殖生理 受精(PDF:138KB) ホルモン(PDF:7,926KB)

6 種付けの理論 種付けの理論(PDF:80KB)

7 生殖器解剖 解剖(PDF:2,044KB)

8 精子生理 精子生理(PDF:84KB)

9 畜産概論 概論(PDF:84KB)

10 関係法規 法規(PDF:82KB)

お問い合わせ

 県庁農政部園芸畜産課(tel026-235-7232)又はお近くの地域振興局農政課まで。

 

 

家畜人工授精師(家畜体内受精卵移植(ET)・牛)養成講習会

 平成31年度の講習会を開催します。詳細は受講案内をご覧ください。

        受講案内(PDF:101KB)

 提出書類等 ・受講申請書(様式第1号の2)(PDF:69KB)

       ・略歴書(様式第3号)(PDF:57KB)

       ・牛の家畜人工授精師免許の写し又は牛の家畜人工授精師養成講習会修業試験の合格書の写し

       ・所属長等の推薦書(様式任意)

 受講決定後に必要な書類

       ・誓約書(受講決定後に畜産試験場長に提出して下さい)(PDF:99KB)

 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

農政部園芸畜産課

電話番号:026-235-7227

ファックス:026-235-7481

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?