ホーム > 仕事・産業・観光 > 農業 > 畜産 > 家畜人工授精師養成講習会

ここから本文です。

更新日:2020年7月1日

家畜人工授精師(家畜人工授精(AI):牛)養成講習会

家畜改良増殖法(昭和25年法律第209号)第16条第2項の規定により、家畜人工授精師養成講習会(家畜人工授精師:牛)を次のとおり開催します。受講案内(PDF:210KB)

 

講習会概要

  1. 家畜の種類:牛
  2. 開催期間:令和2年9月3日木曜日から同年10月6日火曜日まで(土日・祝日休講)
  3. 開催場所:長野県畜産試験場(長野県塩尻市片丘10931-1)
  4. 定員:20名以内(受講希望者が定員を上回った場合、長野県内の受講希望者を優先)
  5. 受講料:50,000円
  6. 講習科目:下表のとおり

受講科目一覧表

 

  科目 受講時間

学科

一般科目

畜産概論、家畜の栄養、家畜の飼養管理、

家畜の育種、関係法規

20時間

学科

専門科目

生殖器解剖、繁殖生理(神経・内分泌及び雌生殖生理)、精子生理(雄繁殖生理)、

種付けの理論(妊娠と分娩)、人工授精

46時間
実習

家畜の飼養管理、家畜の審査、生殖器解剖、

発情鑑定、精液精子検査法、人工授精

74時間

受講手続き

受講希望者は、必要書類を住所地を管轄する県地域振興局農業農村支援センターに提出してください。

1必要書類

  1. 受講申請書受講申請書様式(PDF:68KB)
  2. 所属長等の推薦書推薦書様式(PDF:47KB)
  3. 講習及び修業試験の免除申請書(該当者のみ)免除申請書様式(PDF:72KB)
  4. 略歴書略歴書様式(PDF:62KB)
  5. 連絡先等記入用紙連絡先等記入用紙(PDF:82KB)

2受講申請期間

令和2年7月15日水曜日~同年7月31日金曜日※期間内に地域振興局農業農村支援センター必着

3申請後の手続き

提出書類を確認後、受講決定者には受講証受講料の納付書を送付しますので、期限までに受講料(50,000円)を納付してく ださい。

その他

  • テキストは、各自で購入してください。(テキスト代は実費となります)
  • 畜産試験場内には宿泊できません。宿泊が必要な場合は、各自で手配してください。
  • 新型コロナウイルス感染症について、現在の状況が維持されている場合も、体温測定や体調確認、マスクの着用など感染症対策を行います。今後状況が変化した場合は、県外から移動後、健康観察を行い他者と接触が生じない状態で待機する等の措置をとることも想定されます。その場合は受講できなくなることも考えられます。
  • 長野県の対策・対応については、県のホームページ「新型コロナウイルス感染症対策 総合サイト」をご覧ください。

 

お問い合わせ

県庁農政部園芸畜産課 家畜防疫対策室(tel026-235-7232)又はお近くの地域振興局農業農村支援センターまで。

 

 

家畜人工授精師(家畜体内受精卵移植(ET)・牛)養成講習会

令和2年度の開催はありません

  

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

農政部家畜防疫対策室

電話番号:026-235-7232

ファックス:026-235-7481

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?