ホーム > 仕事・産業・観光 > 農業 > 畜産 > 豚コレラについて

ここから本文です。

更新日:2019年7月15日

長野県における豚コレラの発生と対応状況について

 平成31年2月5日に愛知県から県内の養豚場に搬入された子豚及び同日当該養豚場から出荷された豚について精密検査を実施したところ、豚コレラの感染が確認されました。
 豚コレラは、豚、いのししの病気であり、人に感染することはありません。 食品安全委員会の見解によれば、仮に豚コレラにかかった豚やいのししの肉等を食べても人体に影響はないとされており、正確な情報に基づいて冷静に対応していただくようお願いいたします。
 畜産農家の皆様方におかれましては、引き続き、飼養衛生管理の徹底や早期通報について、万全を期していただくようお願いいたします。 
 

本県の対応状況について

 
 豚コレラ発生に係る本県の状況については、下記をご覧ください。

第1回長野県特定伝染病(豚コレラ)防疫対策本部会議(PDF:114KB)

第2回長野県特定伝染病(豚コレラ)防疫対策本部会議(PDF:297KB)
 ※会議資料中の(3)今後の対応については、会議での意見等を反映済

対応状況(平成31年2月8日17時30分現在)(PDF:96KB)

 2月8日の第2回長野県特定家畜伝染病(豚コレラ)防疫対策本部会議における「防疫対策」について、下記のとおり、具体的な内容が定まりましたのでお知らせします。
防疫対策について(平成31年2月12日17時30分現在)(PDF:92KB)

  2月9日から12日までに行った監視対象農場13農場の清浄性確認検査の結果は下記のとおりとなりましたのでお知らせします。
豚コレラ監視対象農場清浄性確認検査結果について(PDF:56KB)

 本県で発生した豚コレラに係る全ての監視対象農場(13農場)の移動制限を解除しましたので、お知らせします。
監視対象農場の移動制限の解除について(PDF:451KB)

豚コレラの発生に伴う車両消毒の実施について

 現在、消毒ポイントの設置による畜産関係車両に対する消毒は実施しておりません。

豚コレラの発生に係る野生いのししへの対応について

 野生いのししによる豚コレラウイルス感染拡大の防止を図るため、野生いのしし対策を実施します。

豚コレラの発生に係る野生いのしし対策について(PDF:95KB)
野生いのしし検査実施状況について(令和元年7月10日現在)(PDF:286KB)

 

当県で発生した野生いのししでの豚コレラウイルス感染確認事例への対応について

 7月8日に県内で発見された死亡イノシシについて、国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構動物衛生研究部門における確定検査を行った結果、県内で初発となる豚コレラウイルスの感染が確認されました。
 今後の対応等については、下記をご覧ください。

 長野県(農政部)プレスリリース 令和元年(2019年)7月13日(PDF:414KB)
 特定家畜伝染病庁内連絡会議(PDF:160KB)

 なお、2例目以降の事例については、下記をご覧ください。

 長野県(農政部)プレスリリース 令和元年(2019年)7月15日(PDF:215KB)

 畜産農家の皆様方におかれましては、引き続き、飼養衛生管理の徹底による豚コレラへの感染防止ついて、万全を期していただくようお願いするとともに、異常があった場合の早期通報をお願いします。

 

豚コレラの発生に係る農家向け相談窓口について

 平成31年2月6日に発生が確認された豚コレラについて、風評被害等により経営への影響が懸念されることから、県下の家畜保健衛生所・農業改良普及センターに「平成31年2月の豚コレラ発生に係る相談窓口」を設置しました。
 詳細については、下記の長野県(農政部)プレスリリースご覧ください。

長野県(農政部)プレスリリース(平成31年(2019年)2月12日(PDF:165KB)

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

農政部園芸畜産課

電話番号:026-235-7227

ファックス:026-235-7481

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?