ホーム > 長野県環境保全研究所 > 実績・活動 > 学習交流事業 > 2020年度の「人と環境のサイエンスカフェin信州」を開催しました

ここから本文です。

更新日:2021年3月8日

環境保全研究所

人と環境のサイエンスカフェin信州を開催しました:令和2年度(2020年度)

「人と環境のサイエンスカフェin信州」は、当研究所の研究員、生活と環境に関する話題を提供し、参加者のみなさまとともに気軽に語り合うというイベントです。

ここでは、令和2年度(2020年度)の開催の様子をお伝えします。

テーマ 開催日 備考
第1回 下水のたどる道 2月26日(金曜日) 開催済み
第2回 はかってわかる『食品の安全』 3月4日(木曜日)

開催済み

方法:オンライン開催

haishinhaishin2

 

 

 

 

 

 

 

 

 第1回「下水のたどる道」

概要

今年度の初回となる人と環境のサイエンスカフェin信州を開催し、多くの方々にご参加をいただきました。皆さま興味深くお聞きいただき、たくさんの質問をありがとうございました。

  • 日時:令和3年(2021年)2月26日(金曜日)19時~20時
  • 参加人数:17名
  • 話題提供者:長野県環境保全研究所 循環型社会部

下水道の役割とその仕組みや、当所で過去から現在までに行った研究についてご説明したあと、犀川安曇野流域下水道事務所との共同研究について、その研究内容をご紹介しました。

当日の様子

「下水道に流してはいけないものを再認識しました。」、「最近の研究の様子を詳細に紹介していただいて、興味深かったです。」、「リモート形式で開催していただき、安心してお話を聞くことができました。」などのご感想をいただきました。

hitocafe1

 第2回「はかってわかる『食品の安全』」

概要

本年度第2回目の「人と環境のサイエンスカフェin信州」も多くの方々にご参加をいただきました。また、たくさんのご意見・ご質問もいただきましたありがとうございました。

  • 日時:令和3年(2021年)3月4日(木曜日)19時~20時
  • 参加人数:11名
  • 話題提供者:長野県環境保全研究所 食品・生活衛生部

当所で行っている理化学検査を中心とした食品検査について、その概要をご説明したあと、農産物等への残留農薬の安全性や食品用器具・容器包装の検査についてご紹介しました。

当日の様子

「農薬及び容器・器具包装の検査内容と現状を理解・把握することができた。」、「大変手軽に、貴重な情報をいただくことができ、ありがとうございました。」などのご感想をいただきました。

hitocafe2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ

所属課室:長野県環境保全研究所 

長野県長野市大字安茂里字米村1978

電話番号:026-227-0354

ファックス番号:026-224-3415

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?