ホーム > 県政情報・統計 > 組織・行財政 > 組織・職員 > 地域・部局からのメッセージ > 総務部長メッセージ

ここから本文です。

更新日:2019年4月19日

「しあわせ信州創造プラン2.0」を着実に推進する組織に

総務部長 関 昇一郎

 関総務部長
  

総務部では、県組織が有効に機能を発揮できるよう、次の観点を重視し業務に取り組んでまいります。

 

◆行政・財政改革実行本部による県庁改革
 将来の社会環境の変化に備え、持続可能な財政構造の構築に向けた具体的な取組を行うため、行政・財政改革実行本部を立ち上げ、「しごとの仕来りの見直し」と「しごとの減量化」の観点から県庁改革を推進します。
 しごとの進め方の見直しや組織風土改革とともに、国や市町村、民間部門との連携やAI・RPA等の先端技術の活用などを一層推進し、限られた人員の中、県民のしあわせを実現していくための組織づくりを進めます。

◆公文書管理の見直しと県庁しごと改革の一体的推進
 県民共有の知的財産である公文書の適切な管理・保全の一層の推進を図り、情報公開等による説明責任を全うすることで、県政への理解と信頼を深めるため、公文書管理条例の制定を進めてまいります。
 見直しにあたっては、事務の効率化 ・最適化による「県庁しごと改革」を一体的に推進し、しごとの質と生産性を高めることで「県民サービスの向上」へとつなげてまいります。

◆「学ぶ県組織」への転換
 「行政経営理念」に掲げる最高品質の行政サービスを提供することができる「学ぶ県組織」への転換を図るため、職員一人ひとりが新たな知識や技術を主体的に学び続け、職員の能力を最大限に活かす機能的な組織づくりの具体化を進めてまいります。

 

お問い合わせ

総務部人事課

電話番号:026-235-7137

ファックス:026-235-7395

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?