ホーム > 仕事・産業・観光 > 農業 > 園芸作物(果樹・花き・野菜・特産)・水産物の情報 > トルコギキョウ

ここから本文です。

更新日:2019年2月28日

トルコギキョウ

 

「トルコギキョウ」は、全国に先駆けて長野県の千曲市(旧更埴市、上山田町)で切り花の栽培がはじまりました。

 当初は、紫など単色であったものが、県内の育種家により覆輪種(右写真)が作出されたことにより、人気が爆発し、一躍メジャー品目へと成長しました。

 その後は、八重種や大輪のフリル咲き種等、流行や需要に合わせて、多彩で多様な品種が次々と生み出されています。

 出荷量は、長野県が全国第1位。夏秋期の冷涼な気候と、ほ場の標高差を活かして、7月から9月にかけて出荷の最盛期となります。

 

主な産地 諏訪、上伊那、長野、松本
出荷期間 7月~10月
生産面積 48ha

生産量

1,330万本

 

トルコギキョウ

 

 

お問い合わせ

農政部園芸畜産課

電話番号:026-235-7227

ファックス:026-235-7481

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?