ホーム > 県政情報・統計 > 組織・行財政 > 組織・職員 > 長野県の組織一覧(本庁) > 自然保護課紹介 > 「信州ネイチャーセンター基本方針」について

ここから本文です。

更新日:2020年5月19日

「信州ネイチャーセンター基本方針」について

「信州ネイチャーセンター基本方針」の策定について

 近年の自然公園の利用形態として、自然とのふれあいを求めるニーズが多様化(インバウンド)・高度化(質の高さ、新鮮味)する中、霧ヶ峰、乗鞍、美ヶ原、志賀高原の県下4か所に設置された「自然保護センター」を本県の豊かな自然とふれあうエコツーリズムの推進拠点として活用を図るため、目指すべき姿、基本コンセプト、施設運営体制、広域連携のあり方など、自然保護センター共通の課題に対応するための方向性を定めた「信州ネイチャーセンター基本方針」を平成30年9月に策定しました。

「信州ネイチャーセンター基本方針」のポイント

 (1)民間ガイド事業者によるツアーデスクの導入

 自然保護センターでは、センター職員がガイド行うツアーを実施していますが、こうした標準的で短時間のツアーに加え、民間ガイド事業者による、様々な内容の質の高いガイドツアーを提供することにより、エコツーリズムのさらなる発展を図ります。

 (2)ツアーガイドの養成

 質の高いガイドツアーを担う人材の視野を広げるため、ガイド手法やエコツーリズムのプログラムづくり等を学ぶ研修会等を通じエコツアーを提供するガイドの育成を図ります。

 (3)広域連携の強化

 国や民間のビジターセンターも含めた横の連携を図り、それぞれの取組等についての情報交換や相互のPR等を通じ、エコツーリズムの普及やさらなる質の向上を図ります。

概要版

「信州ネイチャーセンター基本方針」(概要)(PDF:443KB)

本編

「信州ネイチャーセンター基本方針」(全文)(PDF:1,484KB)

「信州ネイチャーセンター基本方針」の検討経過について

「信州ネイチャーセンター基本方針」の検討経過について

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

環境部自然保護課

電話番号:026-235-7178

ファックス:026-235-7498

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?