ホーム > 仕事・産業・観光 > 森林・林業 > 基本的な施策・計画 > 里山整備利用地域制度の概要 > 松川町部奈地区里山整備利用地域

ここから本文です。

更新日:2019年7月31日

松川町部奈地区里山整備利用地域

長野県ふるさと森林づくり条例に基づく

松川町部奈(べな)地区里山整備利用地域

 

 部奈地区は、天竜川と小渋川の合流点東側、川より200mほど高い河岸段丘上にあり、集落が森林に囲まれています。

 平成14年から部奈区と地域づくり団体が協働し、地区周辺の里山を利用した公園集落実現のための活動が展開されています。

 手入れが行き届かない森林が依然として多く、さらに松くい虫による被害も見られますが、これらの森林を整備して、多目的に利用可能な里山を復活させ、集落全体を公園にして活性化につなげようとしています。

 

   

 

対象森林遠景    対象森林近景 

 
☆地域認定の状況☆
地 域 名  松川町部奈地区里山整備利用地域
認定年月日  平成18年(2006年)3月31日
認 定 区 域

 松川町部奈地区周辺の森林

  (区域図及び概要:PDFファイル 316KB/1ページ)

森 林 面 積  51ha
 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

林務部森林政策課

電話番号:026-235-7262

ファックス:026-234-0330

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?