ホーム > 安全・安心 > 長野県警察サイバーセキュリティ対策 > 急増するインターネットバンキングの不正送金被害

更新日:2020年10月30日

ここから本文です。

急増するインターネットバンキングの不正送金被害

インターネットバンキングの不正送金とは

パソコンがウイルスに感染!!
IDやパスワード等が
盗まれる・・・

犯人があなたになりすまし、
口座から不正に
別の口座へ送金!!

知らないうちに口座の
残高が無くなる!!

急増するインターネットバンキングの不正送金被害

インターネットバンキングの不正送金事犯は、近年減少傾向であったものが、令和元年9月頃から被害が急増しています。

インターネットバンキングの不正送金事犯の発生件数・被害額(全国・長野県)

急増した原因は、フィッシングによる被害です。
被害の多くは、金融機関や宅配事業者を装ったSMSやEメールを送りつけ、フィッシング(偽)サイトへ誘導する手口です。
フィッシングとは?→フィッシング110番

手口の内訳

フィッシングによる被害事例

被害に遭わないために

害に遭わないために、以下の3点を心掛けてください。

ョートメッセージ(SMS)で届いた宅配物の不在通知は、不正送金のフィッシングの可能性が極めて高いので、疑ってかかること

配業者の不在通知や金融機関を装ったメールのリンクはクリックしないこと

リックしてしまってもインターネットバンキングのID、パスワードを入力しないこと

た、被害の原因は、フィッシングだけではなく、パソコンがウイルス感染していたり、ノートアプリ等の利用者がクラウド上にID・パスワードを保存しておいて、被害に遭ったケースも増えています。

ンターネットでID、パスワード、個人情報等を入力する際は、細心の注意を払い、インターネットバンキングは、予め登録しておいた正規のブックマークやアプリからアクセスしてください。

インターネットバンキングを安全に利用するためのお願い!!

  • ログイン前に、最新のウイルス対策ソフトで「検索」を行ってください
  • パソコンのOSや各種ソフトを最新の状態にしてください
  • 普段と違う画面が出たら、確認番号等は絶対に入力せず、金融機関や警察に通報してください

パスワードの基本

  • 複数のサイトやサービスで同じID・パスワードを使い回さない
  • ID・パスワードを他人に教えない
  • 推測されにくいパスワードにする
    • 良い例・・・N6P4d8Nc等
    • 推測されやすい例・・・password等

お問い合わせ

長野県警察本部
警務部警務課サイバーセキュリティ戦略推進室
生活安全部サイバー犯罪捜査課
電話:026-233-0110(代表)