ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > キッズページ > キッズチャンネル・ながの > シンボル&県歌について > 県歌信濃の国4

ここから本文です。

更新日:2018年2月27日

県歌信濃の国4

ユウくんぼくは、歌の歴史(れきし)を調べたよ。

アイちゃんお父さんも、おばあちゃんも歌えるって言ってたから、古い歌なんだよね。

ユウくんそうなんだ。「信濃の国」は、明治32年(1899年)、長野師範(しはん)学校(現在の信州大学(しんしゅうだいがく)教育学部(きょういくがくぶ))の先生だった浅井洌(あさいきよし)という人が、小学生向けに詞を作り、よくとし、同じ学校の音楽の先生、北村季晴(きたむらすえはる)という人が作曲しました。

アイちゃん100年以上も前の歌なのね。

エリお姉さん最初は、運動会での女子のダンス用にとたのまれて曲をつけたそうよ。

ユウくん女子のダンス用!?どんなダンスなのかな?

エリお姉さん今ではめったにおどることがなく、私もわからないの。

アイちゃんところで、「信濃の国」はどうしてみんなが歌えるほど広まったの?

エリお姉さん師範学校というのは先生になる人が行く学校だったんだけど、卒業生はそこで習った「信濃の国」を、今度は先生として生徒に教えることで広めていったそうよ。

アイちゃんなるほど。

エリお姉さんところで、長野県では昔、県を二つに分けようという運動があったんだけど知ってるかな?

ユウくん県を二つに分けちゃうの?

エリお姉さん長野県は広くて、地域ごとに風土(ふうど)や文化がちがうから、かこに何度も県を分けようという運動があったの。そんな時に、みんなが信濃の国を歌うことで心が一つになって、県を分けることにはならなかったそうよ。

アイちゃん歌声を聞いて、県を分けちゃいけないって思ったのね。

エリお姉さんそうなの。昭和23年に、県議会(けんぎかい)では県を分けるか分けないか話し合われました。その時、議場(ぎじょう)を取りかこんだ数千人の聴衆から「信濃の国」の大合唱が起きたそうなの。それでけっきょく、県を分けることにはならなかったの。

ユウくんそうなんだ。

エリお姉さん今でも、県外に住む長野県出身の人が集まると、かならず「信濃の国」を歌うそうよ。

アイちゃん心を一つにする、ふしぎな力がこの歌にはあるのね。

ユウくんみんなもこれから「信濃の国」を歌うとき、意味や歴史も考えて歌おうね。

お問い合わせ

企画振興部広報県民課

電話番号:026-235-7054

ファックス:026-235-7026

長野県のことについてわからないことがあれば、お問い合わせフォームから質問してください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?