ホーム > 教育・子育て > 子ども・若者支援 > 施策・計画(子ども・若者支援) > 困難を有する子ども・若者の社会的自立支援について

ここから本文です。

更新日:2018年8月1日

困難を有する子ども・若者の社会的自立支援について

長野県では、ニートやひきこもりなど社会生活を円滑に営む上での困難を有する子ども・若者の支援を行っています。

困難を有する子ども・若者支援の担い手育成事業

(旧:困難を有する子ども・若者の支援団体育成事業)

ニートやひきこもり等の困難を有する子ども・若者が、これらの状態の長期化に陥らない方法の一つとして、支援者が家庭等に出向いて必要な相談、助言または指導を行う訪問相談(アウトリーチ)が有効とされています。

この事業は、困難を有する子ども・若者支援の担い手となる訪問相談を実施する民間団体を育成することにより、困難を有する子ども・若者の社会的自立を促進することを目的とします。

平成30年度困難を有する子ども・若者支援の担い手育成事業に取り組む民間団体を募集します(募集は終了しました)

過去の助成実績(PDF:91KB)

困難を有する子ども・若者支援の担い手育成事業実施要綱(PDF:200KB)

困難を有する子ども・若者支援の担い手育成事業補助金交付要綱(PDF:212KB)

様式第1号~第5号、第8号(ワード:36KB)

様式第6号(エクセル:11KB)

様式第7号(エクセル:11KB)

補助金額算定明細書(別紙様式)(エクセル:29KB)

困難を有する子ども・若者の専門的な自立支援の場応援事業

ニートやひきこもり等の困難を有する子ども・若者の社会的自立を支援するためには、公的機関のみではその対応が難しく、民間団体による支援が重要な役割を果たしてます。

この事業は、進学・就労に関する専門的な知識の提供やソーシャルスキルトレーニングの実施等を通して困難を有する子ども・若者の社会的自立に向けた支援を行う場(以下「自立支援の場」という。)を安定的に確保することにより、困難を有する子ども・若者の社会的自立を促進することを目的とします。

平成30年度困難を有する子ども・若者の専門的な自立支援の場を運営する民間団体を募集します(募集は終了しました)

過去の助成実績(PDF:62KB)

困難を有する子ども・若者の専門的な自立支援の場応援事業実施要綱(PDF:194KB)

困難を有する子ども・若者の専門的な自立支援の場応援事業補助金交付要綱(PDF:194KB)

様式第1号~第5号、第8号(ワード:46KB)

様式第6号(エクセル:32KB)

様式第7号(エクセル:32KB)

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

県民文化部次世代サポート課

電話番号:026-235-7208

ファックス:026-235-7087

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?