ホーム > 暮らし・環境 > ごみ・リサイクル > 資源循環・3R > 信州プラスチックスマート運動

ここから本文です。

更新日:2019年8月5日

信州プラスチックスマート運動

近年、海洋プラスチックごみは世界的な問題となっており、海洋生物による誤食や、自然界で紫外線等により5mm以下となったマイクロプラスチックの生態系への影響などが懸念されています。

海洋プラスチックごみの7割は陸域から発生するといわれており、太平洋、日本海に流れ込む河川を有する本県も、決して他人事ではありません。

そこで、上流圏である本県から、プラスチックと賢く付き合う「信州プラスチックスマート運動」の取組みを推進し、゛ごみ減量日本一”の継続と「環境にやさしい長野県」を目指します。

運動の概要

県民の皆様へ、3つの意識した行動を呼びかけます。

意識して「選択」 ストロー、レジ袋は必要かどうか

少しずつ「転換」 使い捨てプラスチックから代替品へ

分別して「回収」 使い終わったプラはルールに従い分けて回収へ

具体的な取組はこちら(PDF:358KB)

チラシはこちら(PDF:458KB)

期待される効果

一般廃棄物排出量(一人一日当たり)最少日本一の継続 

ごみのない信州と環境県としてのイメージ向上

開始日

令和元年5月17日

関連事業

信州プラスチックスマート運動協力事業者の募集について

河川一斉清掃「クリーン信州forザ・ブルー」の実施について(別ウィンドウで外部サイトが開きます)

 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

環境部資源循環推進課

電話番号:026-235-7181

ファックス:026-235-7259

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?