ホーム > 暮らし・環境 > ごみ・リサイクル > 資源循環・3R > 産業廃棄物3R実践講習会(産廃3Rフォーラム)

ここから本文です。

更新日:2019年9月9日

産業廃棄物3R実践講習会(産廃3Rフォーラム)

「令和元年度産業廃棄物3R実践講習会」を開催します

産業廃棄物の発生抑制や資源化の一層の推進を目指す企業等への情報提供を目的として、令和元年度産業廃棄物3R実践講習会を開催します。 

  参加申込書(開催チラシ)はこちら(PDF:404KB)

1 開催日時

 令和元年11月7日(木曜日) 13時30分~16時30分

2 開催場所

 長野県総合教育センター講堂(塩尻市大字片丘字南唐沢6342-4)

3 主催

 長野県

4 共催(予定)

 (一社)長野県資源循環保全協会、(一社)長野県経営者協会、長野県中小企業団体中央会、(一社)長野県商工会議所連合会、 

 長野県商工会連合会 、(一社)長野県環境保全協会、(一社)長野県産業環境保全協会、(一社)長野県建設業協会

5 対象者

 産業廃棄物排出事業者、処理業者、行政担当者等

6 定員

 200名(先着順)

7 内容

 (1)基調講演:「プラスチックの資源循環利用の現状について」

   一般社団法人プラスチック循環利用協会 広報学習支援部長 冨田 斉 氏 

 (2)取組事例:「情報杭!リサイクルとITの融合による可能性について

   株式会社リプロ 代表取締役 岡田 謙吾 氏

8 申込方法

 ながの電子申請(推奨)または参加申込書により、長野県資源循環推進課までお申し込みください。

 (1)ながの電子申請によるお申込み(推奨)

 以下のサイトにアクセスし、申込フォームに必要事項をご記入ください。

 (受付期間:令和元年9月9日9:00~令和元年11月6日17:00)

  ながの電子申請申込フォーム(別ウィンドウで外部サイトが開きます) 

 (2)参加申込書によるお申込み

 以下の宛先に参加申込書をFAXにて送付してください。

 FAX:026-235-7259

 参加申込書(開催チラシ)はこちら(PDF:404KB)

9 平成30年度の開催結果

(1)参加者数:115名(県内排出事業者、廃棄物処理業者、行政担当者等) 

(2)講習会の様子

 【基調講演】                         【取組事例】

  H30_3Rjissenkoshu1.jpg      H30_3Rjissenkoshu2.jpg

 【会場の様子】 

   H30_3Rjissenkoshu3.jpg

10 過去の発表資料 

平成29年度

(1)基調講演:「廃棄物処理の見直しと3Rの推進によるリスク管理と経営戦略

   株式会社シューファルシ代表取締役 環境コンサルタント 武本かや 氏   資料1(PDF:2,811KB)

(2)取組事例:「排出物の適正管理と3Rへの取り組み」

   セイコーエプソン株式会社 人事本部 総務部 矢島清弘 氏

 

平成28年度

(1)基調講演:「住宅建設時に発生する廃棄物のゼロエミッション化に向けた取り組み

          ~工務店、産業廃棄物処理業者、大学の3者連携による取り組み~」

   信州大学工学部建築学科 准教授 高村秀紀 氏  資料1(PDF:3,059KB)

(2)事例発表:「施工現場のゼロエミッションとIoTを活かした廃棄物管理システムの構築」

   積水ハウス株式会社 環境推進部 環境推進グループ 課長 村井孝嗣 氏 資料2(PDF:2,881KB)

 

平成27年度

(1)基調講演:「3Rは経営管理」

   一般財団法人日本環境衛生センター 村岡良介 氏 (環境カウンセラー)  資料1(PDF:4,073KB)

(2)事例発表:「循環型地域社会に向けた3Rの取り組み」

   KOA株式会社 経営管理イニシアティブ CSR推進センター資料2(PDF:3,207KB)

   社会環境グループ プロフィットマネージャー 吉川琢郎 氏  KOAホームページ(外部サイト)

(3)事例発表:「IONIC POWER GENERATION ~エネルギーハーベストの発想で生まれた次世代のリサイクル技術について~」

   ミヤマ株式会社 広報室 室長 小林正征 氏  ミヤマホームページ(外部サイト)

 

平成26年度

(1)基調講演:「廃棄物である吾輩は資源である」 

   富山県立大学工学部准教授 立田真文 氏 資料1(PDF:1,684KB) 資料2(PDF:7,989KB)

   立田研究室ホームページ:http://www.pu-toyama.ac.jp/EE/tateda/index.html

(2)事例発表:「持続可能な社会・環境に向けて、今、企業が考えるべきこと-伊藤園の取り組みを例として-」 

   株式会社伊藤園 常務執行役員CSR推進部長 笹谷秀光 氏 資料3(PDF:4,311KB)

   伊藤園ホームページ:http://www.itoen.co.jp/  

(3)事例発表:「熊谷組の3Rへの取組み」 

   株式会社熊谷組名古屋支店 お客さま相談室品質環境マネジメントグループ部長 大塚正 氏

  資料4(PDF:3,473KB) 熊谷組ホームページ:http://www.kumagaigumi.co.jp/

  

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

環境部資源循環推進課

電話番号:026-235-7187

ファックス:026-235-7259

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?