ホーム > 県政情報・統計 > 組織・行財政 > 組織・職員 > 長野県の組織一覧(本庁) > 食品・生活衛生課 > 遊泳用プールについて

ここから本文です。

更新日:2021年4月1日

遊泳用プールについて

 遊泳用プールとは、訓練用プール、競技用プール及び学校プールを除く、主として水泳に用いられるすべてのプールで、容量が50立方メートル以上のものを指します。
 安全基準として、「プールの安全標準指針」(平成19年3月29日 文部科学省 国土交通省)及び「遊泳用プールの衛生基準について」(平成19年5月28日 厚生労働省健康局長通知)があり、これらを受けて、長野県では「長野県遊泳用プール指導要綱」を定めています。
 学校の水泳プールについては、「学校保健安全法」に基づいて衛生管理されることになるため、遊泳用プールの衛生基準は適用されません。

長野県遊泳用プール指導要綱

プール水質基準

  検査項目 水質基準 検査サイクル

1

遊離残留塩素濃度

0.4mg/L以上であること。また、
1.0mg/L以下であることが望ましい。

毎日3回以上

(午前1回以上、午後2回以上)

(二酸化塩素濃度)

(亜塩素酸濃度)

0.1以上~0.4以下mg/L

1.2mg/L以下

2 pH(水素イオン濃度) 5.8~8.6 月1回以上
3 大腸菌 不検出 月1回以上
4 一般細菌 200CFU/mL以下 月1回以上
5 過マンガン酸カリウム消費量 12mg/L以下 月1回以上
6 濁度 プール水2度以下
ろ過装置出口0.5度以下
(0.1度以下が望ましい)
月1回以上
7 総トリハロメタン 暫定目標値0.2mg/L以下が望ましい 年1回以上
8 レジオネラ属菌※1 不検出(気泡浴槽、採暖槽) 年1回以上

※1 土壌や河川、湖沼など自然界に生息する「細菌」の一種。入浴設備、循環式浴槽、空調設備の冷却塔水、給湯器の水などに生息するバイオフィルム(生物膜)などに寄生、増殖する。この水中の微細な菌を含む小さな水しぶき(エアロゾル)を吸い込むと、「レジオネラ症」を発症することがある。



Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康福祉部食品・生活衛生課

電話番号:026-235-7153

ファックス:026-232-7288

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?