ホーム > 長野県環境保全研究所 > 食品・生活衛生部業務紹介 > 平成30年度遺伝子組換え食品およびアレルギー物質の検査結果

ここから本文です。

更新日:2019年5月25日

環境保全研究所

平成30年度遺伝子組換え食品およびアレルギー物質の検査結果

遺伝子組換え食品およびアレルギー物質の検査結果(平成30年度)

遺伝子組換え食品検査

味噌や豆腐などの原料となる大豆10検体(すべて輸入大豆)について、検査を行いました。
その結果、すべての検体で分別生産流通管理が適切に行われていることを確認しました。

加工食品中のアレルギー物質検査

児童生徒の食物アレルギーの主な原因となる卵、乳、小麦が使用されている可能性があり、原材料表示がされていない加工食品17検体について、特定原材料(卵、乳、小麦)の検査を行いました。
その結果、陽性判定となる検体はありませんでした。

お問い合わせ

所属課室:長野県環境保全研究所 

長野県長野市大字安茂里字米村1978

電話番号:026-227-0354

ファックス番号:026-224-3415

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?