ホーム > 北信発電管理事務所 > 菅平ダム

ここから本文です。

更新日:2022年8月1日

北信発電管理事務所

菅平ダム

菅平ダムは、全国有数の少雨地帯である上田・小県のかんがい用水確保を主目的に、神川総合開発事業として昭和41年から昭和43年にかけて、菅平発電所とともに建設された利水ダムです。

菅平ダム放流情報(現況図)(別ウィンドウで外部サイトが開きます)

ダム諸元

所在地 上田市菅平高原 ダム形式 コンクリート重力式
堤高 41.8m 堤頂長 149.7m
総貯水容量 3,451,000m3 堤体積 79,000m3
有効貯水容量 3,242,000m3 用途

かんがい(神川沿岸土地改良区)

上水道(上田市)・発電

 

菅平高原の標高1,100m付近にある集水面積約32km2のダムです。かんがい用水確保が主目的のダムで治水容量を有しておりません。

洪水吐ゲートは2門あります。かんがい用ダムで5月初旬の代掻き期前にはダムに満水まで貯水します。ダムからの放流は運用開始以来20回しか行っていません。

かんがい、上水道、発電などの用水は、ダム中央付近にある取水ゲートから取水し、地中の導水路(約4km)で菅平発電所まで導水し、発電をした後、神川に放流します。

菅平ダムでは「ダムカード」を配布しています。

菅平ダム放流情報

菅平ダム放流情報

 

お知らせ

  • 台風19号に伴う菅平ダム放流についてこちらをご覧ください。
  • 菅平ダムでは随時見学を受け付けています。

お問い合わせ

所属課室:長野県菅平ダム管理所

上田市菅平高原1278番地24

電話番号:0268-74-2177

 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?