ホーム > 北信発電管理事務所

ここから本文です。

北信発電管理事務所

logo2 北信発電管理事務所へようこそ 

logojpg 

  北信発電管理事務所は、長野市にある裾花発電所、奥裾花(愛称:きなさ)発電所、奥裾花第2(愛称:水芭蕉)発電所、及び湯の瀬ダムと、上田市にある菅平発電所及び菅平ダムを管理しています。長野市の3発電所と菅平発電所は、長野市川中島の北信発電管理事務所(北信制御所)から運転・監視を行っています。

 4発電所の合計最大出力は 22,699kW、年間発電量は8千2百万kWhで、これは一般家庭の約2万2千世帯分、長野県で使われる電気の約0.5%に相当します。

 自然エネルギーの普及・拡大を目的に、近年では、長野市鬼無里にある奥裾花ダム(長野県建設部)の雪解けに伴うダム放流水を有効活用するため、水芭蕉発電所を建設し、平成29年4月に営業運転を開始しました。

 また、化石燃料に代わるクリーンエネルギーと言われている水素エネルギーの普及を目的に、企業局の水と電気を使った水素ステーションを川中島庁舎に整備し、平成31年4月から稼働させています。

 長野県企業局は、地球にやさしい自然エネルギーの普及・拡大に努めてまいります。

◎最新情報

台風19号に伴う菅平ダム放流について

 台風19号に伴う降雨により流入量が増加したため、発電取水を続けながらダムに貯め込み、令和元年10月12日午後8時から放流を開始しました。
 今回の台風19号に伴う洪水については、ダム水位がかなり低い状況でしたので、ほぼ満水まで水を貯めることができました。
 しかしながら、ダムが満水に近づいてきたため、下流域の住民のみなさまの安全に配慮し放流をおこなったところです。詳細は下記のとおりです。
 なお、菅平ダムは、洪水に備え、事前に放流し、ダムを空けておく放流設備はありません。
 菅平ダムでは、上田地域の水がめとしての役割を果たしつつ、住民のみなさまの安全に配慮したダム運用に努めてまいります。

     20191012放流

    

1901
1902
1903  

 

  菅平ダム断面

発電所・ダムの見学会等を開催しました。

 7月の「森と湖に親しむ旬間」にあわせた、北信発電管理事務所管理施設の見学会や、夏休みにあわせた「裾花発電所 夏休み親子発電所体験」「川中島水素ステーション体験教室」を開催しました。

 また、7月~8月に中学生・高校生の職場体験の受け入れも行いました。

  R01親子体験 

      裾花発電所 夏休み親子発電所体験

菅平ダムの見学をされました。(令和元年7、8月)

 令和元年7~8月に3組のみなさまが菅平ダムを見学されました。


   R0108

  

お知らせ・最近のトピックス 

 

 

 

燃料電池自動車試乗会in川中島を開催しました。

菅平ダムの桜が開花しました

神川水系七ヶ堰連絡協議会のみなさまが菅平ダムの見学をされました

川中島庁舎 水素ステーション開所式を開催しました。

菅平ダムの動画が公開されました。(水と巡る信州上田地域の旅(外部サイト))

過去のトピックス  

施設案内

川中島庁舎

北信発電管理事務所 

裾花発電所

裾花発電所    

湯の瀬ダム

   湯の瀬ダム  

奥裾花

きなさ・水芭蕉発電所

菅平ダム

菅平ダム

sugadaira

菅平発電所

水素ステーション

川中島水素ステーション

   

 

 北信発電管理事務所からのお知らせ

【施設見学】

kengaku10

随時、見学を受け付けています。      

(見学案内ページ)

【ダムカード】 

ダムカード

 ダムカードを配布しています。

(菅平ダム、湯の瀬ダム) 

(配布案内ページ) 

【発電所カード】

発電所カード(表)

発電所カードの配布を始めました。

(裾花、奥裾花、奥裾花第2、菅平、水素ステーション)

(配布案内ページ)

【工事・入札情報】

  (情報案内ページ)

【職員採用情報】

 (情報案内ページ)