ホーム > 暮らし・環境 > 住まい・景観 > 景観育成 > 景観育成住民協定とは

ここから本文です。

更新日:2013年8月19日

景観育成住民協定とは

地域の景観・・・みんなでつくりませんか

私たちが住む長野県は、雄大な山々や清らかな河川・湖沼などの自然と、歴史的・文化的遺産に恵まれており、それらは、田園や街並みとひとつになって、地域の特色ある景観を形づくっています。
県や市町村では、これらの優れた景観を守り育て、そして次の世代に引き継いでゆくために、様々な取り組みを進めていますが、そこに暮らす皆さんが、地域の景観について、自ら考え活動をいただくことも、非常に有効な方法のひとつと言えます。

景観育成住民協定とは?

県では、地域の住民の皆さんが、景観づくりのために、一定の区域の建物の色彩や形態などの外観や、緑化などに関しての自主的なルールを定め、皆でそれを守り育てるための協定を締結した場合に、景観育成住民協定として知事が認定を行う制度を設けています。
この協定は、平成4年に施行された、県の独自条例である旧長野県景観条例で規定され、平成18年の「景観法」の制定を受けて、改正され施行された長野県景観条例にも、県の独自制度として引き継がれています。

☆景観を守り育てる取り組みは「景観形成」と表現されることが一般的ですが、長野県では、皆で育(はぐく)むことを重視する意味から「景観育成」という言葉を用いています。

協定認定の流れ

協定認定の流れ

協定ではなにを決めるの?

景観育成住民協定で約束する事項は、地域の景観の保全・育成に関すること含まれていれば、特に制限がなく、広くまちづくり全般についても約束をしていただけます。

建築物等

  • 建物・工作物などの位置・規模・デザイン・色彩などに関すること

屋外広告物

  • 広告物の規模・色彩・素材などに関すること

緑化

  • 敷地や沿道の緑化・樹木の保存などに関すること

自動販売機

  • 自動販売機の設置に関すること

その他の事項

  • その他、小公園の整備や美化清掃など景観育成に関すること

協定の運営

  • 協定の名称・期間・運営組織・内容変更の手続きなどに関すること

 

協定の締結に向けた流れについて

 

景観係トップページへ

お問い合わせ

建設部都市・まちづくり課

電話番号:026-235-7348

ファックス:026-252-7315

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?