ホーム > 健康・医療・福祉 > 食品・生活衛生 > 食中毒 > 弁当等のテイクアウトやデリバリーをする場合の注意事項

ここから本文です。

更新日:2020年5月14日

弁当等のテイクアウトやデリバリーをする場合の注意事項

今般の新型コロナウイルス感染症の流行拡大を受け、飲食店などの事業者がテイクアウトやデリバリー等のサービスを開始する事例が増加しています。

テイクアウトやデリバリーは、店内で食べるよりも調理してから食べるまでの時間が長くなるため、以下の点に注意しましょう。

事業者のみなさまへ

1 調理前

  • 受注数量は、設備や人的能力に応じた範囲にしましょう。
  • テイクアウトやデリバリーに適したメニューを選びましょう(生ものは避けるなど)。
  • 胃腸炎症状等がある場合は、調理に従事しないようにしましょう。

2 調理中

  • 調理前、トイレ使用後、盛り付け前は、必ず手洗いをしましょう。
  • 盛り付けをするときは、使い捨て手袋等を使いましょう。
  • 加熱する食材は、中心部まで十分加熱(75℃以上、1分以上)しましょう。
  • 作り置きをする献立はできるだけ避けて、販売当日に調理するようにしましょう。

3 デリバリー・販売時

  • 食中毒菌が発育しやすい温度(約20℃~50℃)に置かれる時間が短くなるよう温度管理をしましょう。
  • 購入者に早めに食べるよう声掛けやシール貼付をしましょう。
  • アレルゲンに関する問い合わせに、対応できるようにしましょう。

4 その他

  • 販売した弁当等の製造数、販売数、配達先、配達時間等を記録しましょう。
  • 容器包装に入った食品には食品表示が必要です。(店頭にて客の求めに応じて容器に盛り付けて販売するテイクアウトの場合等、表示義務が免除される場合や項目もあります。)

県民のみなさまへ

  • テイクアウトやデリバリーによる弁当等は、できるだけ早く食べましょう。

テイクアウトやデリバリーをする場合の注意事項(チラシ)(PDF:544KB)

弁当等の食品表示について(チラシ)(PDF:296KB)

参考情報

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康福祉部食品・生活衛生課

電話番号:026-235-7155

ファックス:026-232-7288

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?