ホーム > 社会基盤 > 砂防 > 過去の災害に学ぶページ > 北安曇郡生坂村大字北陸郷字大倉地区

ここから本文です。

更新日:2018年3月6日

北安曇郡生坂村大字北陸郷字大倉地区

北安曇郡陸郷村明細全図(一部:1885年(明治18年))

概要

倉(クラ)という地名は、岩が露出する崖や、斜面崩壊を意味することが多いです。ここでは北安曇郡生坂村の地すべり地「大倉地区」を紹介します。明治の町村地図では「大倉」のほか、付近に「大岩」、「イワクラ山」の地名が見られます。

生坂村役場の犀川対岸には、比高約200m、幅約2kmの長大な急斜面が壁のように連続しています。地質は新第三紀中新世の泥岩や砂岩から構成され、付近を通る犀川断層により、変形を受けています。

この斜面では古くからたびたび地すべり(”大ぬけだみ”)による被害があり、50年に一度は発生すると言われています。江戸時代には5回あり、大倉のあんば沢の畑はじわじわと何年も抜けました。1984年(昭和59年)、舟渡の上(宮の下)が大ぬけだみ。その後5回ありました。1985年(昭和60年)の台風6号豪雨の際に、大蔵地籍では山頂から犀川までの5haの大規模な地すべりが発生しました。1987年(昭和62年)、88年(同63年)には大岩の石川氏宅に土砂が入り、1988年(昭和63年)、1989年(平成元年)と犀川斜面にはときどき発生しました。大倉地区の斜面整形箇所では、度重なる地すべり災害で、今では全戸が移転しています。(生坂村誌編纂委員会編(1977)生坂村誌歴史・民族編)。

本地域では、「宮ノ平」(1959年(昭和34年)指定)、「大倉」(1962年(昭和37年)指定)、「菖蒲」(1978年(昭和53年)指定)の各地すべり防止区域が指定されています。大倉地域では、対策工は抑制工として排土工、斜面整形工、吹付法枠工、地下水排除工(横ボーリング工)、地表水排除工(水路工)等、抑止工として杭工、アンカー工が施工されています。

頭部排土工により平坦地となった尾根や、抑え盛土工が行われた末端部の緩斜面は、生坂スカイスポーツ公園として整備され利用されています。

関係図面

地形図(地すべり防止区域) 地質図
 
空中写真  

現地状況写真

伝承

大岩

大岩の岩本氏の家の前に、丸い大きな岩がある。昔、八坂村の満仲と大岩とに鬼が住んでいた。あるとき、満仲の鬼が大岩の鬼に、おれの投げる岩を受け取れるかといった。大岩の鬼は、よし受け取るから投げてみろと言った。そこで満仲の鬼が丸い岩を投げると、大岩の鬼は見事に受け取った。それがこの岩で、大きな手の形がついている。大岩の地名もこの岩からつけられたという。(昭和4年・曽根原秀吉)

(出典:生坂村誌編纂委員会編(1977)生坂村誌歴史・民族編)

過去の災害に学ぶページトップへ

お問い合わせ

建設部砂防課

電話番号:026-235-7315

ファックス:026-233-4029

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?