更新日:2021年5月19日

ここから本文です。

代理人について

代理人になることができる者

代理人は、家族しかなれませんか?友達に頼んでもいいのですか?

代理人となる者に制限はありません。

家族はもちろん、年少者や猟仲間などでも代理人となることができます。

ただし個人であることが必要ですので、猟友会などの団体に委任することはできません。

どなたに委任しても申請はできますが、提出や受領の責任は申請者にあるので、必ず信頼のおける人に委任するようにしてください。

(代理人による申請に関する一切のトラブルについて、警察では責任を負いません)

代理人による申請に必要な書類

代理人による申請をするためには、委任状などが必要ですか?

代理人による申請には、次の書類が必要になります。

1委任

手続きごとに必要です。

たとえば、講習等受講申込みと技能講習受講申込みを代理人に依頼する場合、委任状は2通必要になります。

2理人の身分を証明する書類(提示書類)

代理人には、次のような書類(いずれかひとつ)を窓口で提示していただき、来署した方が代理人本人であるかを確認します。

  • 運転免許証
  • 戸籍謄本または抄本
  • 住民票または住基カード
  • 国民健康保険等の被保険者証
  • パスポート・・・など

代理人による申請においても、代理人の本人確認をする以外は、申請者本人が窓口で申請する時と同じ事務手続きをとりますが、書類に不備等がある場合は、持ち帰って訂正をお願いするか、申請者本人に来署いただき、訂正することになります。

委任する場合は、書類に記載間違いや不備がないかをよく確認してください。

代理人ができることは「申請者の代わりに申請書類を提出する」「申請者の代わりに許可証等の交付を受ける」ことです。

申請者が作成した申請書類に代理人が加除訂正等することや、所持許可証を代理人に預けたり、代理人が申請者の名前で申請書類を作成することはできません。

委任状の記載事項

委任状には、どのようなことを書けばいいのですか?

委任状には

  • 代理人の住所、氏名、生年月日、連絡先
  • 申請の内容は、以下のように記載してください。
    ※以下は、郵送または代理人による手続きが可能な手続きです。
    銃等講習会の受講の申込み
    習修了証明書の交付
    習資格認定証の交付
    習資格認定に付随する猟銃用火薬類等の譲受けの許可の申請及び猟銃用火薬類等譲受許可書の交付
    能講習の受講の申込み
    能講習修了証明書の交付
    めて猟銃・空気銃を所持する場合の猟銃・空気銃所持許可証の交付
    習修了証明書の書換え又は再交付の申請
    習資格認定証の書換え又は再交付の申請
    能教習修了証明書の書換え又は再交付の申請
  • 委任の日、委任者(申請者)の住所、氏名、生年月日、連絡先

を記載してください。

内容が備わっていれば、様式は問いません。

委任状(ワード:20KB)(様式の一例)

お問い合わせ

長野県警察本部生活安全部生活安全企画課
電話:026-233-0110(代表)