ホーム > 松本地域振興局 > 観光 > 松本広域観光モデルコース > ロマンあふれる歴史巡り

ここから本文です。

更新日:2019年5月17日

松本地域振興局

ロマンあふれる歴史巡り

松本・安曇野観光ガイドマップ

ポイント古代安曇族の足跡から江戸時代の人々の往来、昭和の遺跡をゆっくり巡る2泊3日のコースです。

おすすめ観光コース(1日目)

(塩尻IC/JR塩尻駅)→1.奈良井宿(塩尻市:重要伝統的建造物群保存地区。ドラマのロケ地)→2.木曽平沢(塩尻市:重要伝統的建造物群保存地区。たくさんの漆器店が軒を連ねる漆器の町)→3.木曽くらしの工芸館(塩尻市:長野冬期オリンピック入賞メダルも展示)または4.ならかわ市場(塩尻市:農産物直売所でお買い物)→5.牛伏寺(松本市:境内には8つの重要文化財)と周辺散策(「牛伏川フランス式階段工」(世界かんがい施設遺産、国の登録有形文化財)は、自然と調和した美しい砂防施設)→宿泊

☆お薦めの昼食:奈良井宿のそば・五平もち、そば切り発祥の地本山のそば

奈良井宿(外部サイト)
(塩尻市)
木曽11宿の中で最も賑わった宿場街で、往事の面影を色濃く残し、ドラマのロケ地にもなりました。(重要伝統的建造物群保存地区)
  • 電話:0263-54-2001(塩尻市観光協会)
木曽平沢(外部サイト)
(塩尻市)
たくさんの漆器店が軒を連ねる漆工の町です。(重要伝統的建造物群保存地区)
  • 電話:0264-34-3160(楢川地区観光案内所)
木曽くらしの工芸館(外部サイト)
(塩尻市)
食器類をはじめとした、伝統工芸品である木曽漆器を販売しています。また長野冬期オリンピック入賞メダルにも木曽漆器の技術が用いられており、工芸館では実物が展示されています。
  • 住所:塩尻市大字木曽平沢2272-7
  • 電話:0264-34-3888(木曾くらしの工芸館)
ならかわ市場(外部サイト)
(塩尻市)
木曽くらしの工芸館と同じく「道の駅木曽ならかわ」内にある農産物直売所です。新鮮な野菜や果物のほか、木曽楢川の特産品・さるなしで造ったワインやお菓子を是非お買い求めください。
  • 住所:同上
  • 電話:0264-34-3077(ならかわ市場売店)
牛伏寺と周辺散策(外部サイト)
(松本市)
牛伏寺の境内には8つもの重要文化財が立ち並びます。また付近には、世界かんがい施設遺産にも登録された「牛伏川フランス式階段工」(国の登録有形文化財)は、自然と調和した美しい砂防施設です。
  • 住所:松本市内田2573
  • 電話:0264-58-3178(牛伏寺)

ページの先頭へ

おすすめ観光コース(2日目)

(宿泊地)→6.国宝松本城と街中歩き(縄手通り、蔵の町・中町通り。ドラマのロケ地)→7.旧開智学校(松本市:重要文化財日本最古の和洋混交、擬洋風の建築物)→8.旧松本高等学校(松本市:重要文化財。大正時代の洋風校舎。ドラマのロケ地)→9.穂高神社(安曇野市:延喜式の神名帳にも記された歴史ある神社)と御船会館(海人・安曇族ゆかりの御船祭りに関わる船・人形等を展示)→宿泊

☆お薦めの昼食:松本市内のそば、山賊焼き

国宝松本城と街中歩き
(外部サイト)

(松本市)

現存する五重六階の天守閣で日本最古。姫路城・犬山城・彦根城と並ぶ国宝指定4城の一つ。また城下にある中町通りや縄手通りはドラマのロケ地にもなった風情ある町並みです。
  • 電話:0263-32-2902(松本城管理事務所)
旧開智学校(外部サイト)
(松本市)
明治9年に小学校として建築され、昭和38年まで約90年間使用された日本最古級の和洋混交、擬洋風建築です(重要文化財)。
  • 住所:松本市開智2丁目4-2
  • 電話:0263-32-5725(旧開智学校管理事務所)
旧制松本高等学校(外部サイト)
(松本市)
あがたの森公園内にある、旧制松本高等学校の本館及び講堂は重要文化財に指定されています。
併設する旧制高等学校記念館には、旧制高等学校の資料が展示されています。
  • 住所:松本市県3-1-1
  • 電話:0263-35-6226(旧制高等学校管理事務所)
穂高神社と御船会館(外部サイト)
(安曇野市)
日本アルプスの総鎮守。奥宮は上高地、嶺宮は穂高岳に祀られています。境内の孝養杉に触ると健康で過ごせると言われています。また境内の御船会館では海人・安曇族ゆかりの御船祭りに関わる船・人形等を展示しています。
  • 住所:安曇野市穂高6079
  • 電話:0263-82-2003(穂高神社)

 

ページの先頭へ

おすすめ観光コース(3日目)

(宿泊地)→10.旧国鉄廃線敷散策(安曇野市:3万本のけやき並木に囲まれたウォーキングコース)→11.善光寺街道青柳宿(筑北村)または12.善光寺街道麻績宿(麻績村:往時の面影を残す町並み)→13.坂北やさいBOX(筑北村)または14.麻績の市「あさつゆ」(麻績村:農産物直売所でお買物)→(麻績IC/JR聖高原駅)

☆お薦めの昼食:もえぎうどん(筑北村)、そば、おやき

旧国鉄廃線敷散策(外部サイト)

(安曇野市)

昭和の遺産旧国鉄篠ノ井線路敷を歩くコース。3万本のけやき並木に囲まれています。永く閉ざされていた漆久保トンネルも魅力。

善光寺街道
青柳宿(外部サイト)

(筑北村)

道々に江戸時代からの土壁や石垣水路が残っています。近くには岩を切り開いた「大切通し」も。
  • 電話:0263-66-2111(筑北村観光課)

善光寺街道
麻績宿(外部サイト)

(麻績村)

瓦ぶきや土塀など当時の面影を残す街並みで、江戸時代の賑わいが偲ばれます。
  • 電話:0263-67-2133(聖高原観光案内センター)

坂北やさいBOX(外部サイト)、または麻績の市「あさつゆ」(外部サイト)

(筑北村、麻績村)

それぞれの農産物直売所では、地元農家で作られた新鮮な野菜や山の幸を販売しています。旅の最後のお買物に是非お立ち寄りください。(写真は麻績の市「あさつゆ」)
  • 電話:0263-66-3080(坂北やさいBOX)
  • 電話:0263-67-2209(麻績の市「あさつゆ」)

お問い合わせ

所属課室:長野県松本地域振興局商工観光課

長野県松本市大字島立1020

電話番号:0263-40-1932

ファックス番号:0263-47-8904

サイトに掲載した情報の詳細に関するお問い合わせは、上記の各施設にご連絡ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?