ホーム > 仕事・産業・観光 > 国際交流推進 > パスポート > パスポート(旅券)のご案内 > 各種申請のご案内 > 各種訂正手続きについて

ここから本文です。

更新日:2021年5月28日

各種訂正手続きについて

氏名や本籍地が変わった場合など、パスポートの記載事項に変更が生じた場合は、新たにパスポートを作成していただく必要があります。
パスポートの記載事項に変更が生じた場合の申請は、以下の二通りの方法があります。
なお、いずれの場合も以下の必要書類が必要です。

各種申請に必要な書類

  • 次の書類等をそろえ、本人又は代理人が申請してください。郵送での申請はできません。
  • 本申請の場合、通常の申請とは異なる点がありますので、ページ下部の備考についても必ずご確認ください。
  • なお、代理人による申請ができない場合もありますので、「申請にあたっての注意事項」をご覧ください。

記載事項変更旅券申請

訂正新規申請

必要な書類

1.一般旅券発給申請書・・・1通

※記載事項変更旅券申請の場合は、専用の一般旅券発給申請書を使用してください。(申請書表面右上に「記載事項変更用」と記載のあるもの)

※訂正新規申請の場合は、通常の一般旅券発給申請書を使用してください。

2.現在お持ちのパスポート
3.戸籍謄本または戸籍抄本・・・1通
4.写真・・・1枚
5.その他(通常は必要にならない書類です)

記載事項変更旅券申請と訂正新規申請の比較

 

記載事項変更旅券申請

訂正新規申請

現有旅券の取扱い

パスポート申請時に失効

パスポート申請時に失効

 

現有旅券の有効期間の取扱い

 

現在お持ちのパスポートと有効期限が同一のパスポートを発給する 新たに5年、または10年のパスポートを発給する(未成年者は5年のみ)

受取りまでの日数

長野地域振興局:6日
その他の窓口:8日
(土・日・祝日・休日を除く)

長野地域振興局:6日
その他の窓口:8日
(土・日・祝日・休日を除く)

手数料

6000円
(収入印紙:4000円 長野県収入証紙:2000円)

新規申請と同様

 

1.一般旅券発給申請書

  • いずれの申請書も、各パスポート窓口にございます。
  • 記載事項変更旅券申請の場合は、専用の申請書(通常の10年用、5年用とは異なる)がございますので、お間違えのないようご注意ください。
    なお、訂正新規申請の場合は、通常の新規申請等に使用する10年用または5年用の申請書をご使用ください。 

2.現在お持ちのパスポート

  • 現在お持ちの有効期間中のパスポートは、申請時に必ずご持参ください。

3.戸籍謄本または戸籍抄本

  • 記載事項が最新のもので、発行日から6か月以内のもの
  • 同一戸籍内にある2人以上の方が同時に申請する場合は、戸籍謄本1通で複数人分の提出書類とすることができます。

4.写真

photosample2021・申請者本人のみが正面を向いて撮影されたもの
・申請日から6か月以内に撮影されたもの
・縁なしで左図の寸法を満たすもの
(機械で処理するため、顔の寸法と頭上の余白にご注意ください。)
・無帽であるもの
・背景(影やグラデーション)がないもの
・顔の輪郭等が不明瞭でないもの
・目の周辺に、髪の毛、眼鏡、つけまつげ等の一部、あるいはその影が入っていないもの

 

※乳幼児など丸顔の場合に、顔の長さを最小の32mmとしても写真の横幅内に顔が収まらない時は、縦方向が32mmに満たなくても構いませんので、耳を含めた顔全体を写真に収めてください。

※カラーコンタクトレンズまたはディファインを装着している写真は受理できません。 

◎詳細につきましては、「旅券用提出写真についてのお知らせ(PDF)(外務省)」(PDF:4,123KB)をご覧ください。

  5.その他

  • 住民票については、住基ネットシステムを利用するため、原則として提出不要ですが、次に該当する場合は、住民票の写し(記載事項が最新のもので、発行日から6か月以内のもの)の提出が必要です。
    1. 他の都道府県に住民登録のある方が、長野県で居所申請する場合
    2. 住民票を異動して2日程度の間に申請する場合
    3. 住基ネットシステムでの検索を希望しない場合

備考

  • 戸籍の届出から新戸籍の編成までには、日数がかかります。新戸籍の編成前にパスポートが必要な場合は、婚姻届を提出した役所で「婚姻受理証明書」を交付を受け、戸籍の代わりに提出してください。この場合、必ず、後日新しい戸籍を提出していただくことが条件となります。
  • 氏名に変更が生じた際にパスポートの訂正手続きを行わず、その後さらに氏名に変更が生じた場合、最新の戸籍では、パスポートに記載された氏名が確認できないことがあります。パスポートと戸籍が同一人物のものであるかどうか、十分に確認がとれない場合には、除籍謄本や原戸籍等の提出をお願いすることがあります。
  • パスポートには、本籍地の都道府県名のみ記載されますので、同一都道府県内での本籍地の変更(本籍地の市町村以下のみの変更)の場合は、手続きは不要です。
  • パスポートと航空券の氏名が異なると、飛行機に搭乗できない場合があります。パスポートの訂正手続きを行う前に、航空券の予約をする場合は、航空券が新しい氏名で予約されていることを確認した上で、手続きを行ってください。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

県民文化部多文化共生・パスポート室

電話番号:026-235-7173

ファックス:026-232-1644

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?