ホーム > 暮らし・環境 > ごみ・リサイクル > 産業廃棄物 > 長野県内の産業廃棄物の排出量等について

ここから本文です。

更新日:2016年7月12日

 長野県内の産業廃棄物の排出量等について

 長野県では、平成26年度に、長野県産業廃棄物実態調査を実施しました。この調査は、平成25年度の長野県内における産業廃棄物の発生・排出・再生利用・処理等の実態を把握するとともに、将来予測を行うことにより、発生抑制、減量化、資源化等の施策の策定に寄与することを目的としたもので、5年毎に実施しています。

 産業廃棄物の排出量等の概要は、次のとおりです。

 

  1 排出量及び処理状況                                 

                                                  (単位:千トン)

項  目

H5

H10

H15

H16

H20

H25

排 出 量

(率)

2,629

(100%)

3,253

(100%)

3,310

(100%)

3,585

(100%)

3,709

(100%)

4,341

(100%)

再生利用量

(率)

664

(25.3%)

1,325

(40.7%)

1,237

(37.4%)

1,475

(41.1%)

1,439

(38.8%)

1,443

(33.2%)

減量化量等

(率)

1,541

(58.6%)

1,681

(51.7%)

1,957

(59.1%)

2,017

(56.3%)

2,185

(58.9%)

2,817

(64.9%)

最終処分量

(率)

424

(16.1%)

247

(7.6%)

116

(3.5%)

93

(2.6%)

85

(2.3%)

81

(1.9%)

  うち  

がれき類

180

80

30

23

27

16

   

廃プラスチック類

25

27

24

18

13

12

   

ガラス陶磁器くず

33

35

16

14

17

19

 

汚泥

80

46

19

11

15

12

 

その他

106

59

27

27

13

22

(注) 数値には、砂利洗浄汚泥、農業系産業廃棄物を含まない。

※ H16実績の調査は、排出・処理状況が大きく変化していた時期で、状況を引き続き把握する必

  要があったことから実施

 2 排出量の内訳

〇主な業種別内訳(構成比は、全排出量に対する百分率)

H20年度                                        

業 種

排出量

構成比

①電気・水道業

    1,746千トン

47%

②建設業

1,026千トン

28%

③製造業

884 千トン

24%

 

H25年度

業 種

排出量

構成比

①電気・水道業

    2,116千トン

49%

②製造業

1,117千トン

26%

③建設業

1,009千トン

23%

 

〇主な品目別内訳(構成比は、全排出量に対する百分率)

H20年度

業 種

排出量

構成比

①汚泥

    2,200千トン

59%

②がれき類

872千トン

24%

③ガラスくず等

139千トン

4%

 

H25年度

業 種

排出量

構成比

①汚泥

    2,829千トン

65%

②がれき類

840千トン

19%

③ガラスくず等

169千トン

4%

 

※ 長野県産業廃棄物実態調査(平成25年度実績)の詳細については、こちらをご覧ください。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

環境部資源循環推進課

電話番号:026-235-7181

ファックス:026-235-7259

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?