ホーム > 上田水道管理事務所 > 防災情報 > 施設、管路の耐震化

ここから本文です。

更新日:2019年2月14日

上田水道管理事務所

施設、管路の耐震化

長野県企業局では、地震等の大規模災害時においても被害を最小限に抑えるため、浄水場等の基幹施設、送水管等の基幹管路の耐震化を進めております。

また病院や避難所となる学校の一部を「重要給水施設」と位置付け、そこに至る管路についても耐震化を図ります。

施設の耐震化

諏訪形浄水場

諏訪形浄水場では地震等の災害時にも一定の時間、水の供給ができるよう浄水を貯めておく浄水池の耐震化と浄水池の増設を行っています。

現在は平成31年度の完成を目指して、耐震性のある容量1,200立方メートルの浄水池の増設工事を施工中です。より多くの水道水を貯められるようにしています。

増設工事の写真

浄水池のコンクリート打設が完了しました

原峠配水池

上田市にある原峠配水池は想定される地震に対する耐震性が不足していたことから、昨年度より耐震補強工事を実施しています。

おおむね補強工事が完了し、平成31年2月下旬から供用を開始する予定です。

耐震補強工事が完了しました

配水池内部の施工状況

基幹管路の耐震化

平成28年度末の状況(県営水道末端給水事業全体)

基幹管路の耐震適合率86.3%

※耐震適合率とは・・・管路全体のうち耐震適合性のある管の割合

 

現在は千曲市の戸倉地籍や上山田地籍において基幹管路となっている配水管の震化工事を進めています。

耐震性の布設工事の様子

お問い合わせ

所属課室:長野県上田水道管理事務所 

長野県上田市大字諏訪形613

電話番号:0268-22-2110

ファックス番号:0268-22-2994

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?