ホーム > 上田水道管理事務所 > 防災情報 > 防災訓練

ここから本文です。

更新日:2019年11月27日

上田水道管理事務所

防災訓練

1防災訓練計画

当所では、大規模地震、環境汚染や漏水事故などが起きた場合に、迅速な行動が取れるように年間を通して、計画的に訓練を実施しております。

主な訓練として

  • 市町村との合同または独自の防災訓練
  • 緊急連絡管操作訓練
  • 応急給水訓練
  • 水質汚染事故訓練

などを行っています。

2防災訓練実施状況 

企業局総合防災訓練(千曲川県営水道工事業協同組合と合同での応急給水訓練)を実施しました(令和元年11月11日)

大規模災害発生に伴う広域断水時の千曲川県営水道工事業協同組合と協働した応急給水活動を円滑に行うため、千曲川県営水道工事業協同組合と合同による非常参集、応急給水訓練を実施しました。

緊急連絡網による非常参集、資材運搬、予備水源での取水、応急給水まで災害発生時を想定した実践的な訓練となりました。

syusui1

予備水源からの取水訓練

 syusui2

千曲川県営水道工事業協同組合による応急給水栓組立 

企業局総合防災訓練(安心の蛇口を使用した応急給水訓練)を実施しました(令和元年9月25日)

上田市立東塩田小学校で「安心の蛇口」を用いた応急給水訓練を実施しました。

児童、先生に加えて地域の皆さんにも参加していただき、管理事務所職員と一緒に「安心の蛇口」の使い方や応急給水栓の組立てを訓練しました。

訓練には今年もアルクマが参加してくれました。

siodasyou3 

「安心の蛇口」の使い方を学ぶ児童の皆さん

siodasyou1

地域の皆さんと応急給水栓の組立を行いました

siodasyou2

アルクマと一緒に応急給水を体験しました

企業局水道事業防災訓練(令和元年7月8日)

令和元年7月8日月曜日、企業局水道事業防災訓練を実施しました。

大規模地震の発生を想定して、管内パトロール等水道施設の点検、復旧班、給水班出動など初動体制を確認しました。

また、無線機器・衛星携帯電話による情報伝達の他、携帯端末と大型ディスプレイを活用し、現場、事務所、県庁の間でリアルタイムの情報共有を行いました。

gentitaisakuhonnbu

現地対策本部

eiseidennwa

衛星携帯電話による情報伝達

緊急連絡管通水訓練を実施しました。(平成30年11月14日)

災害時の緊急時の水不足に備え、緊急連絡管により上田市上下水道局から水道水の供給を受ける訓練を行いました。訓練は上田市上下水道局と合同で実施しました。

千曲市防災訓練(平成30年9月2日)

平成30年9月2日日曜日、千曲市総合防災訓練に参加しました。

更級小学校を会場にして給水車からの応急給水を体験していただきました。

企業局は川中島水道管理事務所と合同で参加し企業局内の連携も確認しました。

給水車からの応急給水訓練

上田市防災訓練(平成30年9月1日)

上田水道管理事務所は塩田西小学校での訓練に参加し、住民の皆様に給水車からの応急給水を体験していただきました。

上田市水道局からの応援給水も想定し、上田市上下水道局からも給水車を派遣していただきお互いの連携を確認しました。

上田市水道局給水車からの応急給水訓練

組立式貯水槽による給水の様子

坂城町防災訓練(平成30年8月27日)

坂城町文化センターを会場に、昨年度設置した「安心の蛇口」を使用した応急給水訓練を実施し、多くの町民の皆様に緊急時に「安心の蛇口」おける使用方法を体験していただきました。

安心の蛇口からの応急給水栓組立の体験

緊急連絡管操作訓練(平成30年7月26日)

平成30年7月26日木曜日、上田市上下水道局と合同で緊急連絡管操作訓練を実施しました。

緊急連絡管は、地震等の災害や施設の破損事故の発生により、県営水道、市営水道どちらかの給水が困難になった際に、お互いの水道管を連結し、相互に水道水を供給し応急的な給水を行う施設で上田市内に6箇所設置しています。

災害等の発生時に、迅速かつ適格な応急活動ができるように実際に仕切弁を操作し、お互いの配水区域への通水手順を確認しました。

倉升緊急連絡管仕切弁操作

生田緊急連絡管残留塩素濃度測定状況

 

ページの先頭へ戻る

お問い合わせ

所属課室:長野県上田水道管理事務所 

長野県上田市大字諏訪形613

電話番号:0268-22-2110

ファックス番号:0268-22-2994

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?