ホーム > 暮らし・環境 > 自然・水・大気 > 大気・化学物質 > アスベストに関する長野県の取り組み > 災害時におけるアスベスト飛散防止について

ここから本文です。

更新日:2020年9月23日

災害時におけるアスベスト飛散防止について

台風・地震等の災害時に建物が損壊している場合、アスベスト含有建材が露出する可能性があります。

アスベストが使用されている建物が損壊等している場合、建物の所有者・管理者は、シートによる養生、湿潤化などの適切な措置を行い、アスベストの飛散防止に努めるようお願いします。

建物の解体等(改造・補修を含む)を行う場合で、吹付けアスベスト、アスベストを含む断熱材、保温材、耐火被覆材が使用されているときは、大気汚染防止法に基づく届出が必要となります。(工事業者の方とよく相談のうえ、必要な手続きを行ってください。)

また、関係者へのアスベストのばく露防止につきましても、徹底を図るようお願いします。

飛散防止のための注意点

家屋等の片付けをする際の注意点

住民や災害ボランティアの方々が家屋等の片付けをする際に、アスベストにばく露されることが懸念されますので、以下のチラシを参考にアスベストに注意して作業をお願いします。

【チラシ】災害時のアスベストにご注意ください

住民の方向け(PDF:510KB)

ボランティアの方向け(PDF:504KB)

建物を解体、改造、補修する場合

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

環境部水大気環境課

電話番号:026-235-7177

ファックス:026-235-7366

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?