ホーム > 木曽地域振興局 > 木曽地域振興局の紹介 > 農地整備課

ここから本文です。

更新日:2019年3月30日

木曽地域振興局

農地整備課

農地整備課の紹介 

農村風景

長野県木曽地域振興局 農地整備課

農地整備課では、農地や農業用用排水路の整備など農業がしやすい基盤整備、農村が元気になる農村環境の整備を、地域の皆様と協力して進め、木曽地域の農業と農村を次世代へつないでいきます。

農地整備課長 : 松川 敦

TEL 0264-25-2222 FAX 0264-24-2807

 農業農村整備事業に関する計画調査、県営中山間総合整備事業、県営農村地域防災減災事業、県単緊急農地防災事業、多面的機能支払事業、災害復旧事業、地籍調査、生活排水事業、農地耕作条件改善事業、農業水路等長寿命化・防災減災事業、換地、土地改良事業認可法手続き、用地買収・補償、財産管理などの業務を行っています。

 

事業の実施状況

しあわせ信州創造プラン20(目標:学びと自治に力で拓く新時代)及び第3期長野県食と農業農村振興計画(目標:次代へつなぐ、笑顔あふれる信州の食と農業・農村)実現のため、以下の施策に沿って「水・土・里を支え活かし、次代へつなぐ農業農村整備」を推進します。

1 稼ぐ農業を支える基盤整備の推進

(1)農業用水を安定供給するための農業水利施設の長寿命化対策

(2)収益性を高めるための農地の整備

(3)効率的な生産を支える農地の整備(県営中山間総合整備)

2 持続的な農業生産活動を支える基盤づくり

(1)農村の暮らしを守る防災減災対策(県営農村地域防災減災、県単緊急農地防災、災害復旧)

(2)持続的な営農を支える農地等の整備(県営中山間総合整備)

(3)農業水利施設の適切な保全管理(国土調査、集落排水)

(4)多様な主体の参加により進める多面的機能の維持(多面的機能支払)

3 地域の強みを活かした農村景観や地域資源の活用

(1)疎水、ため池、棚田の魅力を観光や地域学習への活用する取組の推進

(2)農業用水を活用した小水力発電の導入促進(県営中山間総合整備、農業水路等長寿命化・防災減災)

※( )内に記載している事業が現在実施中の事業です。

☆農業農村整備実施状況(一例)

 

西山白菜

県営畑地帯総合整備事業 西山地区 

御岳はくさい(木祖村) 

 

三岳

三岳グルメ

県営中山間総合整備事業 木曽中部地区

 農産物加工施設(木曽町)

 

 

大平

県営農村地域減災防災事業 大平ため池地区

あやめ池(木祖村)

 

 

 

/kisochi/kisochi-nochi/kannai/chihojimusho/nochisebika/images/image119.gif

多面的機能支払事業

下殿地区の小学生の農業体験(木曽町)

 ☆ちょっと寄り道?

 農業用水路など利水を目的に造られた水路は、稲作文化の発展とともに地形や厳しい気象などさまざまな困難を克服すべく、そこに挑んできた先人たちの努力と英知の積み重ねによって現代まで大切に受け継がれてきました。
 そんな地域の文化や伝統とともに歩んできた歴史があり、故郷の景観を織りなし、多様な魅力を兼ね備えている木曽の農業資産の一部を紹介します。

 久保洞水路橋(くぼほらすいろきょう)

農業資産

南木曽町

国内に唯一現存するとされる「石造りの多連の跨線水路アーチ橋」 地元産花崗岩が使用された長さ約20m、高さ10mです。

 

その他

更新情報

・木曽地域振興局農地整備課のホームページを新しく更新しました 。平成30年4月12日 

各種制度・手続き・情報

入札情報 

公共事業の発注予定、公告、入札経過は長野県電子入札システムへ。こちらからをご覧ください。 

お問い合わせ

所属課室:長野県木曽地域振興局農地整備課

長野県木曽郡木曽町福島2757-1

電話番号:0264-25-2222

ファックス番号:0264-24-2807

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?