ホーム > 長野県計量検定所 > 業務案内(平成30年度業務概要を掲載しました。) > 計量士とは

ここから本文です。

更新日:2018年6月1日

計量検定所

計量士とは

 計量法に基づき、計量に関する専門知識を持った国家資格者です。計量士には「一般計量士」、「環境計量士(濃度関係)」及び「環境計量士(騒音・振動関係)」の3種類があります。
 計量士は、主に事業所の計量器の整備や検査、正確な計量の実施、計量方法の改善、計量に携わる人の教育などを行います。
特に、最近は環境問題に関心が高まっており、環境計量士は、環境に関する計量証明事業所においては重要な役割を担う資格者です。

 計量士の国家試験は例年3月上旬の日曜日に行われます。試験の受付は例年おおむね10月中旬から10月下旬までです。いずれか一つの区分の試験に合格し、他の区分の計量士試験を受検する場合は、既に合格した計量士区分の合格証書の写しを受験願書裏面に貼付することにより共通科目(「計量関係法規」及び「計量管理概論」)が免除されます。

 詳細につきましては経済産業省ホームページ(外部サイト)をご覧ください。

計量士の国家試験に合格して計量法施行令第32条の計量士の登録の申請をされる方は、以下のページをご覧ください。

国立研究開発法人産業技術総合研究所が行う計量教習を修了して計量法施行令第30条の認定の申請をされる方は、以下のページをご覧ください。

計量士の区分と主な業務

お問い合わせ

所属課室:長野県計量検定所 

長野県松本市大字島立1020

電話番号:0263-47-4006

ファックス番号:0263-47-9895

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?