ホーム > 長野県計量検定所 > 業務案内(平成30年度業務概要を掲載しました。) > 計量思想の普及啓発

ここから本文です。

更新日:2017年5月31日

計量検定所

計量思想の普及啓発

現在の日本では、ほとんどの人はスーパーで買ったお肉の内容量(質量)の表示やガソリンスタンドの燃料油メーターの表示を疑うことはありません。このように、正しく計量することが私達の生活の中にしっかりと定着していることは、国をはじめとした計量関係機関の日々の地道な活動による成果と言っても過言ではないと思われます。

計量検定所では、県民の方々に計量制度の重要性を再認識していただけるよう、計量思想について様々な普及啓発事業を実施しています。

 

計量強調月間事業

長野県では、11月1日の「計量記念日」に併せて、県民の方々に広く計量への知識、関心を持っていただけるよう、11月を「計量強調月間」に設定しています。月間中には、JR駅前での啓発チラシの配布などを実施しました。

 p28-2chirashi26

計量モニターによる商品量目の調査、適正計量懇談会の開催

公募等により、県内にお住まいの消費者に計量モニターをお願いし、1ヶ月間、商品量目の調査を行い、その結果の報告会と併せ、正しい商品量目の確保について、モニターと流通業界の方々が意見交換を行う適正計量懇談会を開催しました。

p28-01 

「くらしと計量コーナー」の設置

「くらしと計量」をテーマに、県内で開催される消費生活展などに参加し、パネル等の展示及び計量ゲームなどを行いました。

p28-3

 

お問い合わせ

所属課室:長野県計量検定所 

長野県松本市大字島立1020

電話番号:0263-47-4006

ファックス番号:0263-47-9895

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?